手塚ファン大会

12月17日、東京・赤坂の草月ホールでおこなわれた手塚治虫ファン大会に行ってきました!私たち夫婦は12時すぎにファンクラブ会員の如月堂さん、星子英雄さんと待ち合わせ。私はアトムバッグ、夫はアトムネクタイ、如月堂さんは服もバッグもアトムという気合いの入れよう。会場内はすでにたくさんの人で溢れかえっていました。盛況でよかったー♪
いや、満員で席が無い心配より、「100人切ってたらどうしよう」のほうの心配しましたもん(^^;)
しかし、今回は手塚プロスタッフ総動員でしょうか?手塚プロってこんなにたくさんいるの~!?って思ったくらいのスタッフの数。(もちろんその中には一方的によく存じ上げている面々も)そして何より手塚ファンってこんなにおるんや~!なんてことを思ってしまった次第です。会場に入ると、なんだかみんな知り合いのような錯覚に陥ってしまったのですが、もちろんそんなわけはなく、知らない人がほとんどでした。でも、ファンマガジンで名前だけは知っている人はたくさん来られていたんでしょうね。
手塚ファン大会

受付で本日のプログラム、映画「どろろ」などの手塚関連チラシ、そしてなっちゃんソーダが配られました(気が利きますね^^)。ファンクラブ会員の招待券は青、一般は黒だったようで。ちなみに、情報筋によると、FC会員250人、一般150人くらいだったようです。ここでまた「手塚FC会員ってこんなにおるんや~!」と思った次第。
プログラムによると、今まで行なわれたファン大会は計4回。意外と少ないんですね。第1回は1979年で、ちょうど公式ファンクラブ設立にあわせて開催されたものだそうです。(わたしゃ、この時0歳です^^;)手塚先生存命中最後のファン大会が1983年。この時の司会は片山雅博さん。で、今回のファン大会もスペシャルトークショーの進行を片山さんが務められました。

12時半~午後6時までという長時間。この間スペシャルトークが4つもあったので書ききれません。なので、個人的におもしろかったもののみピックアップします。
手塚ファン大会

まずは松谷社長の挨拶。病床の手塚先生が病室でアニメのラッシュを見たがるほど仕事熱心だったことなどを話されました。

そして、手塚眞さん。
「どうも、手塚眞です。天才の息子です。今日のファン大会が皆さんにとって素敵なクリスマスプレゼントとなりますように。
僕はよく『あなたにとって手塚治虫はどんな人でしたか?』という質問を頻繁に聞かれます。僕ら家族にとっても手塚治虫は、たぶん皆さんがイメージてされている手塚治虫と同じだと思います。手塚治虫は優しい天才でした。」


最初のスペシャルトークは、鉄腕アトムの声優・清水マリさん、お茶の水博士の勝田久さんが登場。1963年モノクロ版アトムからずっと現役のお二人がそれぞれ、アトム、お茶の水博士の声で挨拶。モノクロ板アトムは、当初2年の予定が4年に延長されました。ところが途中、清水マリさんの出産があり、8話分代役をたてることに。本人はのんびりかまえていたのに、まわりがハラハラし通しだったとか。また、清水マリさんはとてもよく声がとおり「音が振り切れてしまうので、マイクより2歩下がってください」と注意されていたそうです。


盛り上がったのはやっぱりカルトQ。出題は手塚プロ資料室長の森晴路さん。二者択一○×で回答です。全員起立し、間違えたら座る、というルール。

●マンガ「鉄腕アトム」でアトムを作ったのはお茶の水博士である。
●手塚治虫は兵庫県宝塚市で生まれた。
●マンガ「ブラック・ジャック」でB・Jは結婚式をあげたことがある。

もちろんアトムを作ったのは天馬博士。手塚先生は豊中市出身で両方×。
B・Jは「かりそめの愛を」で結婚式をあげたことがあるのでもちろん○
ここまでは難なくクリア。

●1990年に放映されたドラマ「手塚治虫物語」で手塚治虫を演じたのは古谷一行である。
のりみ「え~っ え~っ」
セージ「教えたらへんねん」
黙って夫の真似をするのりみ(笑)。
セージ「真似すんな!真似すんな!俺があげてからあげるなよ」
正解は○でした。

●そのドラマに松谷社長がチョイ役で出演している。

のりみ「え~っ!?わから~ん。」
セージ「ええい○にしとけい!」
でも正解は×でここで我ら夫婦はフェイドアウト。

●手塚治虫が下書きに使用しているの鉛筆はHBである。

如月堂さん「さっき、外のショーケースに展示してあったよ」
のりみ「もっと濃い鉛筆使うんじゃない?」
というわけで、これも×。普段は2Bを使用していたそうです。

●「マアチャンの日記帳」デビュー当時手塚治虫は18歳であった。

17歳なので×

●映画「どろろ」で醍醐影光役を演じるのは大杉連である。
ちゃうちゃう!中井貴一や。
10年も前になりますが、中井貴一さん演じる「陽だまりの樹」、銀座セゾンまで観に行き感激しました。あ~再演して欲しい!中井貴一さんはよくよく手塚作品と縁が深い!

●手塚治虫がトキワ荘に住んでいたのは14号室である。

知らん~!番号まで覚えてへん(^^;)
正解は○

●講談社手塚治虫全集MT200は「火の鳥黎明編」である。
そんなこと覚えてるかいな(^^;)
正解は×。MT200は「火の鳥 エジプト・ギリシア・ローマ編」(少女クラブ版)でした。

この難問珍問をクリアしてカルトキングになったのがなんと星子英雄さん。
「アストロボーイ鉄腕アトム」のセル画に小中監督とキャラクターデザインの瀬谷新二さんサインが入った額がプレゼントされました。
これはその目録。星子英雄さんすごーい!
手塚ファン大会

どんなセル画か気になったのですが、とても大きくて開けていただくわけにもいかず。英雄さん、また見せてくださいね(^0-)-☆

このカルトクイズ、ファン大会終了直後19:00に携帯公式サイトでも配信されました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/121-34d895fc