FC2ブログ
旧阪急梅田駅コンコースのことがあって以来、ことあるごとにレトロ建築や歴史建築が気になって仕方が無いのりみです。実は先日北新地にあるジュンク堂大阪本店に初めて行ってきたのですが、その帰りにふっと気づくと何やら歴史を感じるモニュメントが…!もしや?と第六感がはたらいた私。近づいてみるとやはりそうでした。毎日新聞社玄関部。このモニュメントを実は探していたのです。なんでかって?手塚先生のデビュー作『マアチャンの日記帳』が連載されたのは毎日小國民新聞(現在の毎日小学生新聞)なんですよ。ということは、つまり手塚先生の漫画家生活はここから始まった!とも言えるわけです。

場所はここです。現在「堂島アバンザ」が建っていて、1階~3階までがジュンク堂書店となっています。

毎日新聞大阪本社堂島社屋正面玄関


昭和21年の正月よりスタートした『マアチャンの日記帳』。大阪大学医学専門部に通いながらのマンガ家生活でした。その旧阪大跡地には現在、国立国際美術館が建っています。ここから徒歩10分くらいの場所でしょうか。ということは、大学の帰りに『マアチャンの日記帳』の原稿を歩いて届けに行っていたのですね。当時の毎日新聞大阪本社には井上靖氏や山崎豊子氏なども在籍していたといいます。

当時、学芸部で仕事をしておられた山崎豊子さんは、学生服を着た坊やが、なにをしにきたのか、とのぞきこんだ。私の作品を見て、これは今までの漫画のキャラクターと違うなと思った(カモシレナイ)。その横で井上靖副部長が、ふり返りもせずにムッツリと事務をとっていた。
(手塚治虫著『ぼくはマンガ家 手塚治虫自伝1』より)



また、余談ながら旧毎日新聞社から徒歩3分くらいの場所に、よく映画を観に行ったといわれている朝日ビルディング(旧朝日会館)があります。
スポンサーサイト