FC2ブログ
古彩庵

さて、池田師範附属小学校のお話はまだまだ続きます。キャプションの後半部「古彩庵」ですが、こちらは今でも現役。その「古彩庵」の説明はこうあります。

古彩庵(こさいあん)・・・昭和24年に廃校となった池田商業専修学校の跡地にその古材を利用して建設されました。逸翁自ら指揮監督をし、古材にちなんで「古彩庵」と名付けられたのがこの茶室です。茶華道等のお稽古講座の場として、また貸茶室としても親しまれています。
古彩庵

▼古材100%で作られた「古彩庵」
古彩庵

ここで、ちょっと疑問に思うのが池田商業専修学校の跡地…あれ?池田附属小学校やったんとちゃうん?と思うでしょう。私も最初これを読んで混乱したのですが、よくキャプションを読み直してください、ちゃんと書いてあります。池田商業専修学校とは、池田附属小学校が昭和14年8月に引越した後、建物をそのまま使用する形で開校された学校なのです。しかし終戦とともに閉校されその短い歴史を終えました。で、池田附属小学校がどこに移ったかというと、現在池田市民病院が建っている場所です。こちらは「城南校舎」と呼ばれていました。(城南町にあるから城南校舎。城の南とはいうまでもなく池田城のことを指します)手塚先生が5年生の2、3学期と6年生の間過ごしたのがこの場所です。手塚先生の同級生大森俊祐先生いわく、夏休みの間に皆、それぞれの机を持って30分の道のりをぞろぞろ歩いて引越し作業をしたそうです。昔の小学校の机って知っています?パタパタと板部分が開くんですよ。ドラマなんかでたま~に見るんですがこれを読んでイメージがうかぶかしら…。とにかくそういう机を児童全員が持って引越ししていったという話をしてくださいました。
スポンサーサイト