FC2ブログ
2006.04.10 逸翁美術館
逸翁美術館

池田文庫を後にし、次の目的地逸翁美術館へ。阪急の創始者・小林一三の旧邸宅「雅俗山荘」をそのまま美術館として開放しているということで、一度は訪れたかった場所です。

▼茶室「即庵」
逸翁美術館

率直に言うと展示物には興味が薄く、建物のほうがおもしろかったです。(建物のために入館料700円はちょっと高かったですが^^;)
この建物はいいですね~。和洋折衷ぽいところが小林一三らしい。本館は一見洋風に見えますが、瓦葺の屋根。そして、日本庭園には茶室があります。

おそらく阪急コンコースも東洋と西洋の様式が融合した建築だからこそすごいんだろな~と思いました。
スポンサーサイト