FC2ブログ
太陽の搭

ゴリモンな日々」で万博公園のソラードをご紹介いただきました~!
おかげ様で、いきなりうちのブログもアクセスアップ♪感謝、感謝です~。

詳しくは「大阪万博、夢の跡地は森になった」をご覧くださいね。

それにしても、この作品「ソラード」を描いてもう6年になり、その作品も納戸にしまわれたままになっているのですが、まさか今頃になってこうやってたくさんの方に見ていただける機会がおとずれるとは…絵も喜んでいますよ~!やっぱりブログの力ってすごいわあ。
卒業制作としてアップした頃のページはこちらです。
ちなみに、絵の大きさはこのくらいです。

さて、せっかく話題にあげていただいたのでもう少し万博公園の話を続けようと思います。

私の実家が吹田市の山田にあったので、モノレールでひと駅の万博公園には本当によく行っておりました。実家の私の部屋からはエキスポランドの観覧車、そして今はなきエキスポタワーがよく見えておりました。

阪急山田駅をウィキペディア百科事典で調べてみると
1970年(昭和45年)3月15日 現在の阪急山田駅より400メートル北側に、万国博西口駅開業。
1970年(昭和45年)9月15日 万国博西口駅廃止。
1973年(昭和48年)11月23日 万国博西口駅跡より南400メートルに阪急山田駅開業。
とあります。

それまでは南千里と北千里の間には駅がなかったそうな。そして、大阪モノレールが開通したのが1990年。それ以前は万博公園まで自転車で行っていたかな~。(余談ですが、モノレールが開通した頃、「モノレールにはもう乗れる」なんてしょーもないギャグが流行りました^^;)

その大阪万博と手塚治虫先生。実は深~いかかわりがあります。
スポンサーサイト