FC2ブログ
タイトルを見てビックリ仰天された手塚ファンの皆様、まぎらわしいことを書いてスミマセン(^^;)
でも、ウソじゃありませんヨ。

8月10日の夜11時より、「BSアニメ夜話」の番外編を見ておりました。前日の予告でアニメ脚本家・辻真先さんの特集と知ったのでもちろんチェックしていたのです。辻真先さんは「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」の脚本を手がけられたことで有名ですから、きっと手塚先生の話もちょっとくらいは出るだろうとは思っておりました。しかし、いざ番組が始まって、わが目を疑いました!

赤い帽子の少年が遠くに登場したとき、もしや!?でもまさか!?
でもその少年がアップになった時それが間違いではないことに気づきました!
「ふしぎな少年」のサブタンが動いてる!喋ってる!しかもあの清水マリさんの声で!!!

なんとこの番組の案内役がサブタンだったのです。

こちらをご覧いただけば、私がどんなに驚いたかおわかりになるかと。

しかしこの番組、手塚ファン向けの情報網でどこにもお目にかからなかったような(^^;)
こんな番組こそきっちり事前に知らせて欲しかったですよ~~~~!!!
愚痴っても仕方が無いので、とりあえず再放送情報です。でも、、、ハイビジョンなんです。取ってる方少なさそう…(ーー;)

BSアニメ夜話・番外編「アニメの時間よ永遠に」
~脚本家 辻真先 1500本のテレビアニメ~
8月19日(土)BShi・後4・55~5・55


「アニメの脚本は神だ。脚本に書けばすべてが生まれ、書かないものは存在できない」アニメ脚本家、辻真先さん(74歳)は語る。「鉄腕アトム」(1963年)以来、「巨人の星」、「デビルマン」などテレビアニメの代表作を次々に生み出してきた辻さん。総本数は1500本、多彩なジャンル、ストーリーでも斯界のトップである。
 番組では、辻真先脚本の傑作アニメとそこにこめられた熱い想いを見つめる。辻さんがNHKディレクター時代にヒットさせたSFドラマ「ふしぎな少年」(手塚治虫原作・1961年)の主人公サブタンが45年ぶりにアニメで復活、案内役を務める。
(NHKの番組紹介ページより引用)


さて、サブタンが登場したことに感激し、「時間よとまれ!」と言われた途端、私もテレビの前でかたまってしまいましたので(笑)内容をご紹介。
スポンサーサイト