FC2ブログ
午後1時、いよいよ「マンガ未来世紀」の開幕です。

開会の挨拶は手塚治虫先生のご子息・手塚眞さん

「手塚治虫文化賞」の名前を付けたのは手塚眞さんなんだそうです。初耳でした♪
外国人の知り合いが日本で「外でエレキギターをうるさく弾いている奴がいる」。よく聞いてみるとそれはギターではなく、蝉の声だったという話。日本では芭蕉の「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」で知られるように日本ではうるさい蝉の声に静けさを感じる。このように、「文化」とは国によって違う価値観があり、マンガを「文化」として捉えるのも日本ならではのもの。今や日本の文化となっているマンガを世界に発信していきましょう、といった内容。



第1部 極私的マンガ事情2006
荒俣宏氏いしかわじゅん氏


ひと言で言えばいしかわさん独特のゆるゆるトークで(笑)。これは「マンガ夜話」ですかっ!?な感じで始まった第1部。

内容は「手塚治虫文化賞」の選考にあたっての裏話なのですが、最初は審査員同士顔をあわせることなく「投票」で決めていたものの、途中からは「談合」(笑)で決めることに。しきりに「談合」を連発していたのがおもしろかった。何より困ったのは予想通り浦沢直樹氏の『PLUTO』。『MONSTER』に続く2度目な上、手塚原作の作品を手塚治虫文化賞にしちゃっていいのか?しかも、まだ2巻が出たばっかりで。
しかし、圧倒的なおもしろさに大賞に決まったとの事。
(参照:夏目房之介さんのブログ『PLUTO』2巻発売
そして、今年の大賞・吾妻ひでお氏の『失踪日記』。
全部実話です(笑)って表紙に書いてあるけど、実際は笑いにしなきゃやってられないくらい悲惨だったらしくって。」と吾妻さんを心配されていたご様子。
「行方不明になっていたんだけど、最終的にクリエーターとしては描かずにいられなかったんだな。あれが結果的には取材旅行だったんだよね。でもそれで大賞取れて本当によかったよねー。」って話で時間オーバー、終了(笑)。
スポンサーサイト



9月10日、有楽町朝日ホールで行われた手塚治虫文化賞記念イベント「マンガ未来世紀」に行って参りました。

12時半に会場に到着すると、既に手塚治虫ファンクラブ会員のTさん、如月堂さん、粂さんが11階のロビーにいたので合流。名古屋の粂さんはマンガ関連のイベントへは西へ東へ毎回参加されていて、相変わらずアクティブ(笑)。って私ら夫婦だって大阪からこのイベントのために駆けつけているワケですが(^^;)

マンガ未来世紀

会場入ってすぐのところに関連展示があったので、しばし鑑賞。『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『陽だまりの樹』『火の鳥』『三つ目がとおる』など代表作の扉絵原画が10点前後。ひとつ気になったのが『ブッダ』の扉絵が制作年不詳になっていたこと。わかりそうなものだがなぜ??
同時に展示されていた手塚先生の写真は『朝日ジャーナル』からのでしたが、かなりめずらしい写真でした。