FC2ブログ
手塚治虫記念館

11月3日と5日、手塚治虫記念館でおこなわれた夏目房之介さんの講演に行ってまいりました。「夏目の目」が至近距離で聴ける♪♪♪しかもテーマは手塚治虫!
ということで大変楽しみにしておりました。

11月3日。
朝9時半から整理券を配布ってことだったのですが、予想通り(というか予定どおり・笑)起きれず昼の12時に宝塚に到着。「8時40分に記念館に到着しました」と金沢みやおさんから携帯メールがきたのにはたまげました(^^;)名古屋の粂さんも朝から来てはるし…みなさん、気合いはってますねー。
手塚治虫記念館


11月3日手塚治虫誕生日記念「手塚マンガはやっぱり面白い」

前半の手塚治虫の生い立ちで印象に残ったのは、
『新宝島』が40万部売れたといわれているが、それは手塚治虫がそう言ったからで当時赤本がそんなに出るわけがない
って話(笑)。

それから、父・手塚粲氏が神戸のカメラ同好会に所属していて、神戸のユダヤ人教会を見ていた。手塚治虫は異常に記憶力のいい人なのでこれがのちの『アドルフに告ぐ』になったのではないか、という話です。
『アドルフに告ぐ』については手塚ファンマガジン(手塚ファンクラブ会誌)で、元・アシスタントの福元一義さんが裏話をされていたのを思い出しました。(会誌vol.187~189)この連載の中で福元さんはカウフマン邸のモデルになった異人館(風見鶏の館)と、表向きはドイツ人クラブで、事実上ナチス党の日本支部となっていた「クラブ・コンコルディア」について書かれていましたね。
で、私は虫マップの次回の連載ネタのために先日神戸三宮を歩いてみたのですよ。風見鶏の館は観光地としてあまりに有名ですし、カウフマン邸のモデルということは随分以前から気づいていましたが、「クラブ・コンコルディア」がもしかしたら残ってるのではないか?と淡い期待をもって…。しかし山本通り2丁目(※『アドルフに告ぐ』1巻のクラブ・コンコルディア初登場シーンでそう書いてあったので)を歩いてみたものの、それらしき建物は見つかりませんでした。まあ、ネット検索で出なかった時点で無理だとは思っていましたが…。ユダヤ人教会って今あるんかな~?もし残っているのなら、それも是非見たいものです。

と、話題がそれてしまいましたが…
今回の講演のメインはやはり浦沢直樹氏の『PLUTO』。
『鉄腕アトム』「地上最大のロボット」が原作になった作品であるのと当時に、手塚そっくりな絵から始まって大友克洋の影響を経た浦沢氏がまた手塚治虫に戻っていったという意義付けをできる作品でもあります。

取り上げられたのはロボット刑事・ゲジヒトがロボットの女性に夫の死を知らせにいくシーン。
「これは名場面です」と夏目先生。
スポンサーサイト