FC2ブログ
手塚治虫文化賞10周年展

11月5日は11時半に記念館に到着。金沢みやおさん、牧人さんと合流。一昨日は前から2列目でしたが、今日は最前列のど真ん中に座ることができました。

手塚文化賞10周年記念「マンガとは何か」

まず、図版としてあげられたのは石森章太郎の『ファンタジーワールド ジュン』。これは月刊誌『COM』というマンガマニアのための雑誌に連載されたもので、セリフの一切無いマンガであった。
また永島慎二の『青春残酷物語』を見てみると、こちらも非常に実験的なコマ割をしている。

手塚治虫はもともとライバル意識が非常に強い人なので、石森や永島の人気に嫉妬する。これが手塚治虫の手塚治虫たる所以。「これなら俺にも出来る」と本当にそのような実験的な要素を取り入れたのが『火の鳥』未来編であった。

以降、手塚作品にはめずらしいコマ割りが頻出するようになる。そして手塚は最後までユニークなコマ割りを続けた。

例にあげたのは『火の鳥』未来編のワンシーン。ロックが幹部たちと会議をしているシーン。

なんと!渦巻き状のコマ割り。これは非常にめずらしい。
また、その右ページを見ると透明なテーブルの下からカメラアイが撮っている、というアングル。テーブルを囲んで喋っているのに、幹部の顔全員が真正面から見えている。これは実際にはありえない、映画では撮れないもので、そこにマンガ的なウソが無いと描けないシーンでもある。(浦沢が同じシーンを描くとテーブルの下から描いた場合は鼻の穴が見えることになる・笑)
手塚治虫文化賞10周年展
スポンサーサイト