FC2ブログ
手塚治虫文化賞10周年展

手塚治虫メーリングリストのメンバー、金沢みやおさんのレポートも掲載いたします。MLの中だけに置いとくのはもったいない!(^^)私がとばした内容もきっちり網羅してくださっています♪


夏目房之介氏ミュージアムトーク「手塚マンガはやっぱり面白い」

11月3日(金)。手塚先生の誕生日。宝塚市立手塚治虫記念館で行われた、マンガコラムニスト夏目房之介氏によるトークを聴講してきました。
▼アトムと肩を組む金沢、誕生日を飾る花
アトムと金沢みやおさん

約1時間のトークでは、主に、浦沢直樹氏と、連載中の「PLUTO」を取り上げ、夏目先生お得意の「コマ割り」や「心理描写手法」の分析により、最新の浦沢マンガにも連綿と受け継がれる、手塚先生のテクニック・テイストを浮かび上がらせて見せていただきました。

「コマ割り」や「描法」というマンガの構成要素、物質で言えば分子・原子のような素材レベルでの分析により、作家や作品の関係の粗密を明らかにするこの手法は、あたかも分子生物学において遺伝子の分析により、生物進化の系統・分岐を解き明かすかのようで、スリリングです。

夏目先生は浦沢氏を高く評価して、「PLUTO」での、表情の無いロボットにすら、無表情の顔を繰り返し並べることで、悲しみ・喪失感を感じさせてしまったこのシーンを、浦沢氏の心理描写テクニックが遺憾なく発揮された名シーンとして取り上げていました。
▼レジュメの一部 無表情のロボ顔での心理描写と、トークのチラシ
レジュメ
スポンサーサイト