FC2ブログ
遅くなりましたが、以下手塚ファン大会について、セージ・タウラのレポートです。内容がちょっとのりみとかぶりますが、タウラ節バージョンで(^^)


 12月17日、待ちに待った手塚ファン大会に嫁と一緒に行ってきた。なんと23年ぶりだという。勿論、先生没後に入会した私にとっては初めてのファン大会である。ドキドキワクワク、動悸が止まらない、誰か救心をくれ!

 草月ホールにて関東の知り合いの会員・如月堂氏、星子英雄氏と合流。入り口にイケメンのチャンニイ(兄ちゃん)が案内で立っている。手塚プロにこんなかっこいい人が!と嫁の目がハートになってるがな。コラッ。しかし地下に降りると今度は私の目がスペードに!手塚プロ、美女が多いがな。コラッと嫁に耳たぶを引っ張られた。

入口でプログラムその他各種チラシ類と共に「なっちゃんソーダ」を貰う。会場内は飲食禁止。これはホール側の決まりなのだろう。ソーダは主催者側のサービスか。サンキュー!だけど、どうせだったらラムネとカルピスを出してほしかったな。参加者にウケたと思うんだけど。

 さて印象に残ったプログラムを順に挙げると、やはりなんと言っても感慨深いのは動く清水マリさんと勝田久さんを拝見できた事である。しかしお二人ともさすがプロ。50年近く経てなおアトムの声が!お茶の水博士の声が!片山さんの司会というのも私は初めてだが、軽妙で昔の会誌の連載で得たイメージ通りだった。
スポンサーサイト