FC2ブログ
1月17日より神戸市須磨区の旧室谷邸の解体が始まりました。ウィリアム・M・ヴォーリズの設計で、登録有形文化財にも指定され、阪神淡路大震災にも耐えたという名建築が解体される!このニュースを知ったのはひろ009さんのブログの記事でした。
「近いうちに行かなくては…。週末にでも須磨観光を兼ねて行こう。」
そんな悠長なことを思った時点で遅かった!
19日のMBSニュースで解体が始まったということを知り、もう一日の猶予もどころか一時間の猶予もならない、ということを知ったのでした。しかも皮肉なことによりによって、まさに震災の日から解体が始まったとのこと。
全くの無駄足になるかもしれない…という不安をもちつつ、20日の午後1時。JR須磨駅に到着。

須磨というと、実は私の父方の祖父(91歳で今も元気)が隣りの垂水区に住んでいるということもあり、縁がないこともないのです。ただ、大阪からは如何せん遠い。どうやっても自宅から2時間はかかるので、行くのに思いきりが必要だったのです。
旧室谷邸

前日に下調べをきちんとしたおかげで、ほとんど迷いもせず旧室谷邸解体現場に到着。
歩道橋から全景が見渡せましたが、3時半すぎにもう一度戻ったときにはもう既に防音シートが張られ始めているいる状態。
旧室谷邸

ただ、こちらは建物の裏側で、正面玄関側はまだかなり見ることができました。
旧室谷邸
スポンサーサイト