fc2ブログ
4月14日、北野高校で行なわれた六稜トークリレー「紙の砦:手塚治虫と通年動員~大阪石綿を共に」に参加してまいりました。

講師の金津博直さんは、北野中学3・4年が手塚治虫と同じクラス。59期の入学試験は書類選考と口頭試問のみでした。当時の校長先生は長坂五郎先生。あだ名はオットセイで温厚で自由主義の先生だったそうです。(⇒六稜WEB 歴代校長 参照)
「手塚君の美術の成績は、優良可の三段階評価の欄に秀がついていたほど絵が上手かった。美術の岡島吉郎先生(※)は大変手塚君のことをかわいがっていた。」と回想されていました。
(※岡島吉郎先生⇒六稜WEB がちゃぼいまんが道 参照)

金津博直さん

しかし、そんな北野中学にも次第に戦争の影が。黒い学生服は国防服に。ただ、正面に六稜の星がついた黒い制帽と白いゲートルだけはそのままだったそうです。手塚先生が描いたこの絵には、その制帽とゲートルが描かれています。
当時の北中生

戦況は次第に厳しくなり、昭和19年の9月より、中津の大阪石綿に勤労動員へ行くことになりました。そのエピソードを描いたのが、自伝マンガ『紙の砦』です。

食事は非常に粗末で、テーブルまでスレート製。「こんなもん喰えるかい!」と叫ぶほどひどかった豆ご飯は、ご飯の中に大豆が入っているのではなく、大豆の中にご飯が入っていたそうです(笑)。
スポンサーサイト