fc2ブログ
大阪市立科学館で、オムニマックス映像「アストロボーイ鉄腕アトム 10万光年の来訪者(イグザ)」が上映中なので、見に行ってきました。これ、2005年の作品で前に天保山でやっていたんですが、見損ねていて、今頃見に行った次第です。
10万光年のイグザ

しかし、率直な感想。まあまあです(^^;)いや、見る前からだいたい作品のレベルはわかってはいたんですが…。「アストロボーイ鉄腕アトム」は正直あまり好きではないので、手塚ファンの義務として(苦笑)見ている感があるんですが…。(見たくないなら見なきゃいいのに、といわれるかもしれませんが、これがそうもいかないのが手塚ファンのサガ^^;)

う~ん、何が足りないのかなー「アストロボーイ」。別に作画が悪いわけでもないし、津村アトムにはもう慣れたんですが…。あえて言うなら…脚本に全然インパクトが無いんだよなー。
「アストロボーイ」は、原作とはストーリーが全く異なるため、原作至上主義の私にはこれがアトムの顔をしていてもアトムに見えないんです。「手塚治虫原作」をうたっていてもどこにも手塚イズムが感じられない。

でも、まあお客は入っていました。日曜日ということもあって、ほとんどは親子連れ。子供はおもしろいんやろか?これ。別に原作にこだわっているわけじゃないんですけどね…原作とかけはなれていても面白ければいいんですけど…。でも原作のアトムが少しも感じられないアトムってアトムって言えるのか?
一般ウケしなくても、マニア受けする作品を望んでいるんですけどね、個人的には。それじゃお客は入らんか(^^;)しかしねえ、だからといってマニアの心をつかめない作品が一般ウケするとも思えないんですよね…。

…とぶつぶつ文句を言いましたが、でも。大阪市立科学館でアトムをやってくれるのは嬉しいんです。だって、ここ大阪市立科学館は手塚先生が宇宙への夢をかきたてたプラネタリウムがある場所ですから。
プラネタリウム

これがそのツァイスⅡ型プラネタリウムです。かつて四ツ橋の電気科学館にあり、現在は有形文化財として保存されています。詳しくはこちらを。
スポンサーサイト