FC2ブログ
スローペースで書き続けた東京・手塚治虫ゆかりの地探訪記ですが、当日ご案内いただいた小林準治さんから、レポートが送られてきました。のりみ本人が読むと結構恥ずかしいところもあるのですが(笑)やっぱり嬉しかったので転載許可をいただきました。『月刊広場』2008年1月号に掲載された記事です。ゆかりの地めぐりのバックナンバーとあわせてお楽しみください。

※『月刊広場』は林捷二郎氏が個人で編集・発行している月刊同人誌です。(市販はしていません)購読希望の方は直接林氏まで。→はてなダイアリー参照


【東京・ゆかりの地めぐりバックナンバー】
手塚先生のお墓参りへ
並木ハウス
トキワ荘跡
講談社旧本館
練馬区の虫プロと手塚プロ 


ゆかりの地案内記

ゆかりの地案内記

ゆかりの地案内記


『手塚先生ゆかりの地案内記』
                                            小林準治


 12月8日、ファン大会の翌日、12月9日の日曜日、かねてからの約束で、大阪のファン、田浦のりみ夫妻を手塚先生ゆかりの地を案内する。手塚先生は大阪、宝塚時代と比べると、東京での時間の方が圧倒的に多い。しかし、ゆかりの地となると関西時代より少ないのだ。

 9日の午前11時、JR巣鴨駅で会うことにした。夫妻の友人・高橋氏も同行し、一行4人、小生の車、ジムニーワイドでの案内である。5分ほど遅れて現地に着くと、すでに3人は来ていて、早速3人は車に乗り込む。最初の地は手塚先生の眠る菩提寺總禅寺である。都電新庚申塚のすぐ近くで巣鴨から1キロくらいの近場である。

 コイン駐車場をみつけ、寺まで歩く。總禅寺は以前よりずっと立派に改装されていてびっくり。線香を買い、先生の墓に行くと、2人の女性の先客がいた。のりみさんがこの2人に声をかけると、2人とも昨日のファン大会に参加していて、ブログ仲間の手塚ファンということで3人は意気投合していた。線香をあげ拝んだところで記念撮影。この後は手塚先生がトキワ荘を出た後の並木ハウス見学ということで、ここから2人の女性を加えて6名で行動する。並木ハウスは豊島区鬼子母神近くである。私は、そのあたりの地理はよく解らないし、都電鬼子母神駅は新庚申塚から6つくらいしか離れていないので、車でなく都電で移動することにした。みな、大阪、福島とか地方から来ているので、東京に唯一残った路面電車に乗るのも珍しい体験でよい想い出になるだろう。
都電荒川線

 ゴトゴト都電が走ってきた。「わ~かわいい電車!」のりみさんの声が響く。私も都電に乗るのは11年ぶりであった。昔の車両と比べると、少しミニ化され、コンパクトになっていて、確かにかわいらしい。この都電は民家の間を走っていくので、一般道路との交差も多い。30~40キロくらいでスピードもゆっくり。庚申塚のホームは目の前がだんご屋でローカル色が強く面白い。

 12~3分で鬼子母神駅に着く。参道は昭和の感じが色濃く残っていて、古い建物もちらほら。なんといっても両脇に並ぶ大ケヤキの並木がすごい。古いものは樹齢600年のものもある。晩秋の銀杏の葉がさらさらと雪のように降る。その落ち葉で参道は美しい黄色である。並木ハウスは最初わからず通り過ぎてしまったが、都電の駅のずっと近くにあった。
「ここ、ここよー並木ハウス」またのりみさんが発見した。
並木ハウス
スポンサーサイト