FC2ブログ
2008.11.14 新港貿易会館
11月8日、神戸の近代建築散策ツアーに参加しました。港まち神戸を愛する会の中尾嘉孝さんによるガイドツアーで、参加者は20名ほど。これまで3回行われた連続講座「STUDIO Q2で知る神戸の近代化遺産」のまとめとして、神戸の近代建築を歩いてまわるというコンセプト。

午後1時に神戸市役所の花時計前に集合し、ゴールのスタジオQ2に到着したのが4時半。なかなかの長距離遠足です。神戸旧居留地の近代建築は、ほとんど見てまわっているのですが、
京橋~新港地区倉庫群~新港貿易会館・神戸税関・旧神戸生糸検査所
と未見の建物がコースに入っており、新港地区のほうまではなかなか足を運ぶ機会が無かったため参加しました。

新港貿易会館

今回のツアーで特に感激したのが、この新港貿易会館でした。オーナーさんのご厚意で中を見学、しかも屋上まで見せていただきました!

新港貿易会館

遠景からの写真を撮っていないのですが、全体に船のブリッジのようなデザインで、スクラッチタイル張りの外観です。1931年建築の現役テナントビル。船室を思わせる丸窓で、玄関や窓にはステンドグラスが使用されています。
新港貿易会館

▼船室風丸窓
新港貿易会館

▼玄関には素敵なステンドグラスが
新港貿易会館
 
スポンサーサイト