FC2ブログ
豊中在住の手塚ファン、村祭りわっしょいさん(ミクシーネーム)から
「豊能郡の自然の家にて、手塚先生の絵画4点を特別に見せて頂けるので一緒に行きませんか?」
とのメールがきました。

大阪府豊能郡能勢町に手塚先生の直筆画がある!?

この話はまさに初耳だったのですが、「行きます!」と即答。豊中市立青少年自然の家 わっぱるへ行ってきました。メンバーは手塚ファン総勢6名。アクセスを調べたところ、大阪府内にもかかわらず、豊中市内から車で1時間以上(汗)というすごい山の中だったため車2台で向かいました。

豊中市立青少年自然の家

事の発端は村祭りわっしょいさんのお姉さんが小学生の頃から、豊中市青少年野外活動協会に参加していて、「自然の家には手塚先生の絵が今でもあるはず」という話をしたことがきっかけでした。自然の家の所長さんとたまたま知り合いだったことから、今回の見学へと繋がったのでした。

豊中市立青少年自然の家 わっぱる

「手塚治虫と未来を描こう」
昭和54年(1979年)9月15日、16日豊中市立少年自然の家にて開催。
一泊二日で来た小学生150人を前に手塚先生が講演し、「バンダーブック」を鑑賞。そして小学生達が思い思いに描いた未来の風景の真ん中に手塚先生を絵を描き入れ完成させた。その絵が4点、自然の家に展示されている。
これが当時の「広報とよなか」によって得られた情報でした。実は最近の「広報とよなか」(2007年7月号)にも載っていたのですが、全然知りませんでした。
ちなみに募集人数150人に対し、約750名の応募があったそうです!

豊中市立青少年自然の家 わっぱる

わっぱるでは、所長の山根さんと指導員の大井さんが迎えてくださいました。
しかし私たちは挨拶もそこそこに、玄関ホールにある手塚先生の絵に釘付けに!(笑)。

豊中市立青少年自然の家 わっぱる

アトムだ~!

手塚先生直筆画 アトム


手塚先生直筆画 アトム

こちらは手塚先生が描いた恐竜!

手塚先生直筆画 恐竜


手塚先生直筆画 恐竜
スポンサーサイト