FC2ブログ
結
3月3日ひなまつりの日の夜、「上町台地100人のチカラ!」のゲストスピーカーとして私がお話しさせていただく機会をえました。場所は地域交流スペース 結
テーマはもちろん「手塚治虫と大阪」です。

このお話をくださったのは、仕事でもお世話になっているHさん。
大バンメンバーAさんの結婚式で彼女の長年の友人であるHさんにお会いした際に依頼されたのでした。
「田浦さんワールドそのままでいいですからお話しください」との旨。

「まちあるきでガイドしながらなら話せるんですが…」
と躊躇する私に、その場に居合わせた大バンの高岡さんの一言。
「大丈夫だよ。歩きながら喋るか止まって喋るかだけの違いやから。」

初めて近代建築のガイドをすることを決めた時も、再びガイドコバンとしてガイドをすることになり、手塚治虫ゆかりの地ツアーを実現までした時も、高岡さんの一言は、私が迷っている時にうまく背中を押してくれているような気がします。

人前で“講演”なんてしたことがなかったのですが、10人程度の小さな勉強会でパワーポイントも使えるということでお引受けしました。

なにせ人前でゲストスピーカーとして話すのは初めてだったので、配布資料とパワーポイントと自分用の原稿はしっかり作りこんでいきました。だいたい1時間くらいで、というお話だったのですが、7時から開始して終わったのが9時前。2時間近く一人で喋りつづけたことには我ながら驚きました(笑)。

上町台地100人のチカラ

「上町台地からまちを考える会」ということで、昭和20年代、たくさんの出版社が立ち並んび、『新宝島』などの赤本が戦後漫画の出発点となった松屋町の話から始めました。適塾、石原時計店、電気科学館、朝日会館、そして最後に『紙の砦』で描かれた梅田、今はなき旧阪急梅田駅コンコース、『アドルフに告ぐ』や『ブラック・ジャック』に描かれている阪急百貨店のことで話を締めました。

上町台地100人のチカラ

現地でガイドすることは臨場感があるので、それも楽しいのですが、パワーポイントを使っての説明は、なんといっても図版と写真を交互に見せながら話せるというメリットがあります。特に適塾の写真と『陽だまりの樹』のカットとを並べて見せたのはなかなか好評でした。このパワーポイントファイルは我ながら力作なので、またどこかで披露できる機会があればいいなと思います。

上町台地100人のチカラ

素敵なひなまつりの夜を過ごさせていただきました。
ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト