FC2ブログ
両国駅

両国の江戸東京博物館で始まった手塚治虫展とシンポジウム「手塚治虫アカデミー」観覧のため上京しました。

両国駅

手塚治虫展は期待をはるかに上回る大々的な展覧会で、全部見るのに2時間半はかかりました。
手塚治虫記念館の常設展や過去の企画展で見たものが多かったものの、初めて見る展示物も多数。

江戸東京博物館 手塚治虫展

江戸東京博物館 手塚治虫展

夜は手塚ニアン14人で懇親会でした。
↓は手塚な空気を盛り上げるために購入したアトムの手ぬぐい1365円也。デザインいいけど高いなー。ヒョウタンツギバージョンも買っちゃったけど。

アトムてぬぐい

懇親会の席で新任のファンクラブ担当のFさんにも初めてお会いすることができました。それにしても私より年下の方がFC担当になる日が来ようとは…(笑)。
上は70代から下は20代まで。自己紹介は当然手塚年表で(笑)。濃い手塚ファンの集いはいつでも楽しいものです。

夜10時すぎにおひらき。宿泊した第一ホテル両国は夜景も綺麗だし、バスも広かったし朝ご飯も美味しくて、なかなかよかったです。江戸東京博物館に行くならここはお勧め。

両国夜景

手塚治虫展はあまりの展示の充実ぶりに一日目だけでは満足できず、翌日江戸東京博物館の常設展鑑賞後、さらにもう一度見に行きました。そしたら手塚先生のもとアシスタントの野村さんに偶然出会い、野村さんの解説付きで鑑賞できるというラッキーな機会に恵まれました。

惜しむらくは図録に収録されていなかった展示物が多々あったことです。
手塚先生が亡くなった直後に批判文を発表して話題となった宮崎駿氏のロングインタビューが図録の冒頭に7ページにわたって掲載されていたのにはびっくり。しかし、それはそれで評価できると思いましたが、最後のコーナーの「手塚治虫の思い出」に寄稿されていた石原実さん、林久男さん、手塚プロの清水さん、野村さん、手塚悦子さん、水野英子さん、水木しげるさん、丸山昭さんなど多数の文章が全く図録に入っていなかったのは残念でなりません。また文章と関連した展示物も図録に入れてほしかったなーと思います。

結局二日間とも両国で過ごしましたが楽しい手塚な旅行でした。


下記、箇条書きになりますが「手塚治虫展」で気になった展示物を列記します。
スポンサーサイト