FC2ブログ
『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』にすっかりハマり中ののりみです。
この本面白すぎです!!

下記のようなイベントがあるそうです。
めっちゃ面白そう!!
といっても東京なので私は行けませんが、お近くの方は楽しんできて下さいね!




http://natalie.mu/comic/news/28885
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk-shinjyuku.html#20100407shinjuku

『手塚治虫エロス1000ページ』(INFASパブリケーションズ)刊行記念 第二弾
手塚るみ子×萩尾望都   三田格(司会)『手塚エロスの魅力を語り尽くす!』

日時:2010年4月7日(水) 開場:18:30 開演:19:00
出演:手塚るみ子×萩尾望都 三田格(司会)
会場:ジュンク堂書店新宿店8階喫茶。入場料1,000円(1ドリンクつき)
定員:40名
受付:ジュンク堂書店新宿店7階カウンターにて。電話予約も(03-5363-1300)

<イベント内容>
『手治虫エロス1000ページ』の刊行を記念するイベントの第二弾を開催!
今回は手治虫文化賞の選考委員も務められた漫画家萩尾望都さんをお招きし、
手エロスの魅力について語り尽くします。

<プロフィール>

手塚るみ子
漫画家・手治虫の長女。プランニングプロデューサーとして手塚作品をもと にした展覧会や
宣伝、企画をプロデュースしている。2003年には音楽レーベル 「MUSIC ROBITA」を設立、
「Electric-Brain feat. ASTROBOY」や「手治虫その愛した音楽」などのCDを制作。また、
ABCラジオ「EARTH DREAMING~ガラスの地球を救え」のパーソナリティーも担当。著書には
「オサムシに伝えて」(大田出版)、「こころにアトム」(カタログハウス)などがある。

萩尾望都
漫画家。代表作は『11人いる!』『残酷な神が支配する』など多数。
1969年 講談社「なかよし」に掲載の『ルルとミミ』でデビュー。
1976年 『11人いる!』『ポーの一族』で第21回小学館漫画賞受賞。
1980年 『スターレッド』で第11回星雲賞コミック部門受賞。
1983年 『銀の三角』で第14回星雲賞コミック部門受賞。
1985年 『X+Y』で第16回星雲賞コミック部門受賞。
1997年 『残酷な神が支配する』で第1回手塚治虫文化賞優秀賞受賞。

三田格
ライター、編集者。音楽をはじめ評論活動は全方位で展開。雑誌や書籍の企画・監修・執筆など多数。
本書を始め、『赤塚不二夫裏1000ページ』『水木しげる超1000ページ』の編集も手がける。

★会場…8階喫茶にて。入場料1,000円(1ドリンクつき)
★定員…40名
★受付…7階カウンターにて。電話予約も承ります。
※トークセッションのためサイン会の予定はございません。
ジュンク堂書店新宿店 TEL.03-5363-1300

スポンサーサイト



http://house.sumai.city.osaka.jp/museum/frame/0_frame.html

住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館で 「聴竹居」と藤井厚二展が開催中です。

期間:平成 22年 3月6日(土)~ 4月11日(日)

建築家藤井厚二(1888~1938)は、大正2年(1913)年に東京帝国大学工科大学建築学科を卒業後、竹中工務店を経て、京都帝国大学において気候風土と日本の住宅との関係について研究を進め、日本における環境工学の先駆者として知られています。さらに研究成果を実践に結びつけ、日本の気候風土とライフスタイルや趣向に適合させた住宅を数多く設計してきました。自邸も実験住宅として5回建てており、昭和3年(1928)に竣工した5回目の自邸が「聴竹居」です。これはまさに環境共生住宅であり、彼が追い求めた「日本の住宅」の理想型が実現されています。またデザインの面でも、ヨーロッパで起こったモダニズムと日本の数奇屋の意匠を巧みに融合させており、日本のモダニズム建築の傑作として評価されています。「聴竹居」をはじめとする彼の住宅作品は、「環境の世紀」とも言われる現代に多くの示唆を与えてくれます。この展覧会ではそれらの作品を通じて、「その国を代表する建築は住宅である」という名言を残した藤井の住宅思想を紹介します。


<主 催>大阪くらしの今昔館
       ギャラリーエークワッド(東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1F)
<協 力>株式会社竹中工務店

<入館料> 企画展のみ300円
 一般:常設展+企画展800円(団体740円)
 学生:常設展+企画展500円(団体470円)

<展示資料>  

聴竹居 図面、写真、模型等
八木市蔵邸 図面、写真等
扇葉荘(中田邸) 図面、写真等
旧尾崎邸 図面、写真、窓枠、家具等
村山邸和館 図面、写真
ほか




これにあわせて藤森照信先生と石田潤一郎先生の講演会も開催されます。


平成22年3月12日(金) 18:30~20:30(開場18:00)

◆ 講 師  藤森照信氏(東京大学生産技術研究所教授)

◆ 会 場  御堂ビル1階 いちょうホール
(大阪市中央区本町4丁目1-13 竹中工務店大阪本店1階)
      地下鉄御堂筋線本町駅C階段4号出口すぐ

◆ 定 員  200名(当日先着順)

◆ 参加費  無料



平成22年4月3日(土) 16:00~18:00(開場15:30)

◆ テーマ  藤井厚二「日本の住宅」から学ぶこと

◆ パネラー 石田潤一郎氏(京都工芸繊維大学大学院教授)
      小玉祐一郎氏(神戸芸術工科大学教授)
      松隈 章氏  (ギャラリーエークワッド企画マネージャー)

◆ 会 場  大阪市立住まい情報センター 3階ホール 

◆ 定 員  240名(当日先着順)

◆ 参加費  無料

*作品解説

 当日、シンポジウムに先立ち、午後2時30分からパネラーによる作品解説を実施します。参加希望の方は直接、企画展示室へお越しください。ただし、企画展の観覧料が必要です。