http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/20100426/001/21-2200.html

こころの遺伝子~あなたがいたから~「どん底でこそ笑え 西原理恵子」

チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2010年 4月26日(月)
放送時間 :午後10:00~午後10:50(50分)

番組HP: http://www.nhk.or.jp/idenshi/


人気漫画家の西原理恵子さん。どんなに辛い境遇にあっても笑って生きることを教えてくれた亡き夫、鴨志田穣さんとの波乱に満ちた軌跡をたどる。


人気漫画家の西原理恵子さんは、少女時代、父親がギャンブルにおぼれ自殺するなど過酷な人生を歩んできた。漫画家になった後も、取材が高じて自身がギャンブル依存になる。人は生まれ育った境遇から抜け出せないのか? そんな思いにとらわれていたころ、後に夫となる戦場ジャーナリストの鴨志田穣さんと知り合い「どん底でこそ笑え」と教えられる。西原さんの波乱の人生を通して、つらさや悲しみを笑いに変える作品の原点に迫る。


【再放送】

チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2010年 4月28日(水)
放送時間 :午前0:15~午前1:05(50分)

チャンネル :BS2
放送日 :2010年 5月 3日(月)
放送時間 :午前11:00~午前11:51(51分)
スポンサーサイト
大阪大学総合学術博物館で開催される「えがかれた適塾」展に『陽だまりの樹』の原画が展示されるそうです。
5月15日には、『陽だまりの樹』を描くきっかけになった深瀬泰旦氏の講演もあるそうで楽しみです。

http://www.museum.osaka-u.ac.jp/jp/index.html

http://tezukaosamu.net/jp/news/i_246.html

大阪大学総合学術博物館第11回企画展・適塾特別展示
緒方洪庵生誕200年記念・大阪大学創立80周年プレイベント
えがかれた適塾

会期
  2010年4月27日(火)~6月26日(土)
  (日祝休館 ただし4月29日・5月2日・5月5日は開館)
   10時30分~17時 入場無料
  【会場】大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館
  【主催】大阪大学総合学術博物館・適塾記念会
  【共催】大阪大学附属図書館・大学院文学研究科・外国語学部
  【協力】手塚プロダクション・司馬遼太郎記念館・大阪大学21世紀懐徳堂

 2010 年は、緒方洪庵(1810-1863)の生誕200 年にあたります。洪庵が先導した種痘やコレラ予防の教えは、感染症予防の先駆けとして高く評価されています。適塾は蘭学塾として、近代日本の国家形成に重要な役割を果たした福澤諭吉・大鳥圭介・長与専斎ら、医師にとどまらない多様な人材を輩出しました。適塾門下生、手塚良仙光亨(良庵)を祖先にもつ漫画家手塚治虫(1928-1989、1951 年本学附属医学専門部卒業)は、適塾門人の若き日の群像を作品『陽だまりの樹』に生き生きとえがいています。
 現在、適塾は懐徳堂とともに大阪大学の源流と位置づけられています。こうした認識は、小説家司馬遼太郎(1923-1996、1943 年大阪外国語学校=現在の本学外国語学部卒業)が、小説『花神』(1969 年)の冒頭で、適塾を大阪大学の前身、洪庵を「校祖」であると述べたことにはじまります。
 緒方洪庵と適塾は、どのように漫画や小説、映画などにえがかれ、歴史のなかに位置づけられてきたのでしょうか。本展覧会は、適塾記念会と大阪大学総合学術博物館が共同で開催し、この節目に適塾という歴史的存在の<えがかれ方>をみなさんとともにたどります。2011 年の大阪大学創立80 周年記念を前にして、わたしたちの生きている<歴史的現在>を考えるこころみです。

ミュージアムレクチャー
【第23回】5月1日(土) 14:00 ~ 15:30
  司馬遼太郎と適塾のあった大坂
  上村洋行(司馬遼太郎記念館館長)
  イ号館イ講堂 定員300 名

【第24回】5月15日(土) 13:30 ~ 15:00
  『陽だまりの樹』と蘭方医手塚良仙
  深瀬泰旦(順天堂大学医学部医史学研究室・日本医史学会理事)
  待兼山修学館 3階セミナー室 定員60 名


【第25回】5月29日(土) 13:30 ~ 15:00
  近世大坂の学問と適塾
  橋本孝成(適塾記念会資料専門員)
  待兼山修学館 3階セミナー室 定員60 名

【第26回】6月19日(土) 13:30 ~ 15:00
  適塾と都市大坂の医療環境
  海原亮(住友史料館研究員)
  待兼山修学館 3階セミナー室 定員60 名

映画上映
洪庵と1000人の若ものたち
 洪庵没後100 年記念、木村荘十二監督、1969 年
 約60分 於セミナー室
 会期中待兼山修学館3階セミナー室で常時上映します。
 (但しミュージアムレクチャー等開講中は除く)
劇団わらび座のミュージカル「火の鳥」がNHK教育「劇場への招待」で放送されるそうです。

ミュージカル「火の鳥」
■4月23日(金) 23:00~1:05(放送予定)
■NHK教育テレビ 「劇場への招待」
■2010年2月 新宿文化センター ファイナル公演
■出演/パク・トンハ、戎本みろ、椿千代 ほか

http://www.warabi.jp/topic.php?1271831968

http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/20100423/001/31-2300.html

http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/20100423/001/31-2305.html
実は奈良に行った本当の目的はこの写真展でした。

奈良少年刑務所写真展1

奈良少年刑務所写真展2

写真展「知られざる名建築 ~旧奈良監獄・奈良少年刑務所の美~」
奈良に残された貴重な明治建築の知られざる姿を、多数の写真で紹介!

日時:3月20日(土)~5月1日(土) 10:00~18:00 日・祝は休廊
場所:ナガノカメラワーク 京終画廊(奈良市中辻町80-8)
アクセス:JR奈良・近鉄奈良から徒歩15分/市内循環バス「北京終町」下車すぐ
料金 無料
主催 ならまち通信社

http://ncw.naraphoto.net/gallery.html

http://narapress.jp/event2010.html#prison

めったに…というかたぶん一生中に入ることはないでしょうから、近代建築ファンは是非見に行くべし!ですよ~!


▼2010年3月26日、奈良テレビ放送「ゆうドキッ!」で放映された紹介VTRがYou Tubeで見れます

http://www.youtube.com/watch?v=5v7PahoQg4c

奈良少年刑務所2

で、中に入ることはできなくても門の前まで行けるよねってことで奈良少年刑務所まで行ってきました。

奈良少年刑務所1

明治村の金沢監獄正門と雰囲気は似てるかなあ。

奈良少年刑務所3

丸いドームがかわいい。

奈良少年刑務所4


奈良少年刑務所5

突き抜けるような青空に映える赤レンガ。

奈良少年刑務所7

そしてこの1枚。まるでパステル画のような風景だなあと思いながらうっとり眺めてしまいました。

奈良少年刑務所6

近くで見つけたレンガの建物。「奈良市水道計量器室」と書いてありました。

奈良市水道計量器室
2010.04.17 奈良公園
友人と奈良に行ってきました。
京都と違ってなかなかしょうちゅうは足を運ばないためか、すっかり観光客気分で「鹿さんがいっぱいいるよ~♪」と奈良公園で大はしゃぎ(笑)。
鹿さんのいい表情が撮れたのでアップします。

奈良の鹿1

奈良の鹿2

奈良の鹿3

奈良の鹿4

奈良の鹿5

奈良の鹿6

奈良の鹿7

奈良の鹿8

奈良の鹿9

鹿煎餅を持った外人さんに群がる鹿。

奈良の鹿10

奈良の鹿11

突然なぜか集団で走りだした鹿。あっと言う間に駆けて行ってしまいました。

奈良の鹿12

奈良国立博物館。

奈良国立博物館1

奈良国立博物館2

奈良国立博物館3

奈良国立博物館4

透きとおるような新緑が美しいモミジ。

奈良公園のモミジ
2010.04.09 高瀬川の桜
先日、京都で撮影。高瀬川の桜が満開でした♪

高瀬川の桜1

高瀬川の桜2

高瀬川の桜3

高瀬川の桜5

高瀬川の桜6

高瀬川の桜7

高瀬川の桜8

高瀬川の桜9

高瀬川の桜10

高瀬川の桜11

土佐藩邸跡に建つ旧立誠小学校です。

高瀬川の桜12

高瀬川の桜13

高瀬川の桜4
フジテレビスペシャルドラマ「わが家の歴史」に手塚治虫が登場するそうですよ!
演じるのは藤原竜也さん。
脚本は三谷幸喜さんだそうです。

4月9日(金)10日(土)11日(日)3夜連続夜9時放送です。

お見逃しなく!!

http://wwwz.fujitv.co.jp/wagaya/index.html
今日はアトムの誕生日。

桜舞い散る花の道を歩き…

花の道・桜

手塚治虫記念館へ。

手塚治虫記念館エントランス

アトム、7歳の誕生日おめでとう(^0^)

記念館アトム1

記念館アトムの誕生日しおり1

今日だけの限定しおりゲットしてきましたよ~♪

■神戸新聞 アトムの誕生日に記念品 宝塚・手塚治虫記念館 
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0002841704.shtml

記念館アトムの誕生日しおり2

アニメのフィルムを使ったしおりなので透けて見えます♪




アトムが7歳ということで、東京ではアトムが小学校に入学したそうですね(笑)。


朝日新聞 アトムも新1年生 原作の設定にちなみ、入学式に参加
http://mainichi.jp/select/today/news/20100407k0000m040064000c.html

毎日新聞 雑記帳:鉄腕アトムが小学校入学式 「特別児童」に任命
http://mainichi.jp/select/today/news/m20100407k0000m040064000c.html

産経ニュース アトムを特別児童に任命 新宿区
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100406/tky1004061949012-n1.htm

NHKニュース “鉄腕アトム”入学式に参加
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100406/t10013670301000.html
手塚るみ子さんがパーソナリティを務めるABCラジオ「EarthDreaming~ガラスの地球を救え~」4月3日のゲストはライターの三田格さん。
特集は『手塚治虫エロス1000ページ』についてです。

ウェビオで4月3日の放送が聴けます!
http://asahi.co.jp/webio/

一週間後に更新されますので、今週中に聴いて下さいね。
先ほどレポートした「西原理恵子の人生画力対決 in バラハク 竹宮惠子戦」について、マイミクの金沢みやおさんの日記からもレポート転載させていただきます。




京都国際マンガミュージアムへ行った。ここでは「バラハク 西原理惠子博覧会」を開催中だ。その記念イベントで、サイバラりえぞお先生は、竹宮惠子先生を相手に、例の「画力対決」をするのであった。

京都国際マンガミュージアムバラハク


開始は午後2時。私は正午に到着したのだが、定員250名分の整理券は、なんとすでに出払っていた。はるばる京都までやって来たのに入場できない!。聞けば徹夜組を含む150名からが、開館の10時以前から行列して待ち構えていたそうだ。恐るべし、西原・竹宮人気!。

まあしかたないか。書架でベトナム語版「ガラスの仮面」を見つけたので、それを記事のネタにでもするかと中庭の芝生に寝転がる。

風が無く穏やかな陽気。晴天。桜満開。家族連れ、カップル、外国人観光客など、たくさんの人たちが陽光の下、気ままにマンガを開いて楽しんでいる。たまに桜の花びらが散る。走り回る子供達のはしゃぎ声や、ミュージアム名物「紙芝居」に誘う口上が聞こえる。幸福のひとつの形が、ここにあった。

京都国際マンガミュージアムの桜

が、合流した積極的なマイミクののりみさんは、当然それでは治まらない。イベントの様子がWEBでストリーミング中継されると聞くや「ネットカフェへ行きましょう!」との提案。私もちらとそれを考えてはいたが、ネカフェを探すのも面倒と、ごろ寝を決め込んでいた。

のりみさんはてきぱきとミュージアム職員から近所のネカフェを聞き出し、私も引っ張られるようにして、3ブロックほど離れた三条通の「Net cafe DOT COMIC」にやってきた。

画力対決ネット中継

USTREAMというサービスに接続すると、なるほど、画質・音質には難があるが中継を観ることができるではないか!。しかもUSTREAMは、話題のTwitterとも連動していて、WEB上の視聴者と一緒になってワイワイと感想やツッコミを入れながら鑑賞することができるのだ。こんな便利な事が可能なのか、と思いながらイベントを観る。

画力対決のお題は、竹宮先生「地球へ・・・」のソルジャー・ブルーから始まって、ジョミー、萩尾先生のエドガー、「風と樹の詩」のジルベール、ゴルゴ13、ケンシロウ、きれいなスネ夫としずかちゃん、ディカプリオ、ガンダム、サイボーグ009、SMAP、アタックNO1の鮎原こずえ・・・と盛りだくさん。

サイバラ氏はあいかわらずの破壊的な絵で爆笑を誘い、竹宮氏が描くターンでは氏の手元を会場中が見つめてシーンと静まり返る。絵が完成し、竹宮氏がサインを加え終わると、ほおーぉとため息がもれ聞こえる。聞くところによると場内の7割が女性。竹宮ファン比率が高かったとの観測があり、サイバラ氏も男性マンガ家相手の時よりは、悪絡みをひかえて「よい子」にしていたフシがある(笑)。

画力対決を観たのは初めてで、確かに面白かったが、ちょっとお題は多すぎたかもしれない。作画をじっとながめる時間が長く、まあファンにはそれも至福の時ではあるが、絵をサカナにしたトークをもっと膨らませて欲しかったというのが正直な感想だった。

生で観られなかったのは残念だが、WEB中継でも楽しめると分かったのは大きな収穫だった。特に私達は、直前まで現場にいてからネカフェに移動したので、自宅で視聴するよりも臨場感は大きかったと思う。面白い休日になった。
4月4日、「西原理恵子の人生画力対決 in バラハク 竹宮惠子戦」を見に京都国際マンガミュージアムに行ってきました。しかーし!250名の定員整理券が、朝10時の配布開始からたった30分でなくなりアウト!
(開始10分前にのこのこと会場に着く私なんてファンとして論外?笑)
しかも大阪からはるばる1時間半かけて会場に着いてから「インターネット中継がある」という情報を知り「それだったら家で見てたのに~」と大ブーイング(^^;)
意地でも見たかった私はマイミクの金沢みやおさんと合流し、インターネットカフェを探すという選択をとりました。
マンガミュージアムの受付で「ここから一番近いインターネットカフェありますか?」と尋ねると、なんと周辺地図のコピーをささっと手渡しして「こことここですね」と。MMのスタッフはなんて気が利くんや!!と感激し、早足で三条通りのインターネットカフェへ。




えむえむブログ 京都国際マンガミュージアム
http://d.hatena.ne.jp/kyotomm/
のリンクからUstream生中継で会場の様子を観戦。
しかも動画が見れるだけでなく、ツイッターと連動しているからネットで中継を見ながら皆でワイワイ感想をつぶやきながら盛り上がりました。
映像と音がちょっと悪かったけれど、十二分に臨場感が楽しめました!

「西原理恵子の人生画力対決LIVE 竹宮惠子戦 」の映像は11日(日)まで公開されているそうです!ぜひご覧ください。
http://www.ustream.tv/recorded/5949888
※最初の8分は音声なしです。

ところで動画を後で見直したら「今日のイベントはバラハク関連企画でツイッターとも中継しているので、写真撮りたい人は勝手に撮ってアップしていただいて構いません」と小学館の八巻さんが言ってはりました。(会場どよめき)
「もともと勝手に人の絵を描いて商売してるんで」とサイバラさん。
マンガイベントで写真撮って怒られたことはあるけれど、「じゃんじゃん撮影してネットにアップして下さい」なんてのは初めてですわ。

というわけで、主催者のお墨付き(?)があるので、ライブ中継を見ながら撮影したデジカメ画像もアップします。




まず最初に竹宮恵子先生が描いたソルジャーブルー(『地球へ・・・』より)。会場から溜め息。

画力対決 ソルジャーブルー

続いてサイバラ先生がジルベール(『風と樹の詩』より)。相変わらずサイバラ先生の絵は爆笑もので実に破壊的!いや、これジルベールじゃないですって!
「ジルベールって最期大八車にひかれて死ぬんだよね」とか言って横に大八車をちっちゃく描く(笑)。
さらに「ここの服にくらげを描いたら『ベルばら』になるの」ですと!

画力対決 サイバラ・ジルベール

竹宮先生の本家ジルベールと対比。

画力対決 竹宮・ジルベール

お題:せんとくん

画力対決 竹宮・せんとくん

サイバラ先生「奈良の鹿はなぜ煎餅屋を襲わないのか」と発言しながら絵を描く余裕っぷり。
おっと、せんとくん対決はサイバラさんに軍配か!?

画力対決 サイバラ・せんとくん


お題:聖徳太子

画力対決 竹宮・聖徳太子

あの~サイバラ先生、この女の子は…??

画力対決 サイバラ・聖徳太子

お題:「SMAPメンバーを描き分けて下さい」

画力対決 サイバラ・SMAP

あの~SMAPって確か5人だと思うんですけど…
これは明らかに竹宮先生の圧勝!

画力対決 竹宮・SMAP

竹宮画アトム

画力対決 竹宮アトム

お題:レオナルド・デカプリオ

画力対決 竹宮・デカプリオ

竹宮先生の絵に会場どよめき。

画力対決 サイバラ・デカプリオ

サイバラ先生!どこの飲んだくれオヤジですか!?沈みゆく船だけあってるのか!?(笑)


お題:スネ夫としずかちゃんをイケメン風に。

画力対決 サイバラ・スネ夫、しずか

サイバラ先生!やっぱりしずかちゃんといえばお風呂ですか(笑)。

画力対決 竹宮・スネ夫、しずか

竹宮先生のスネ夫微妙にのび太と混じってませんか!?


お題:『サイボーグ009』

画力対決 竹宮・009

サイバラ先生、009じゃなくてこれジェット(002)じゃないですか…

画力対決 サイバラ・009

サイバラ画「仮面ライダー」

画力対決 サイバラ・仮面ライダー

お題:『北斗の拳』

画力対決 サイバラ・北斗の拳

画力対決 竹宮・北斗の拳

お題:『アタックNo.1』の鮎原こずえ

画力対決 アタックNo.1

画力対決

最後に竹宮先生、サイバラ先生の合作色紙が会場の参加者1名にプレゼント!


画力対決 竹宮・サイバラ合作色紙

ジャンケン大会で盛り上がり…

画力対決ジャンケン大会


あっという間の2時間でした。
連続テレビ小説「ちりとてちん」がついについに再放送ですよ!\(^0^)/
そ~こ~ぬ~け~に嬉しい!!>▽<
モッピーの「底抜け」がまた見れる♪♪♪


4/4(日) BS-hi 深夜25.10~26.40(日付は4/5(月) )

毎週日曜日深夜に6話ずつの放送です。

しかもしかも!再放送にあわせて「ちりとてちん」公式サイトが復活しています!

http://www9.nhk.or.jp/asadora/chiritotechin/

そ~こ~ぬ~け~に嬉しい!!>▽<

この機会にお蔵入りしていた「ちりとてちん」のスタジオセット公開の時に撮影した写真をアップしておきます。

ちりとてちん1

ちりとてちん2

ちりとてちん5

ちりとてちん6

ちりとてちん11

ちりとてちん12

ちりとてちん9

ちりとてちん7

ちりとてちん8

ちりとてちん13

ちりとてちん3

ちりとてちん4

ちりとてちん14

ちりとてちん10
80年カラー版アニメ「鉄腕アトム」が再放送されますよ!
未見の方はぜひこの機会に。

4月5日より毎週月~金曜日 18:00~18:30 BS11

http://www.bs11.jp/anime/957/

【スタッフ】
原作、構成、メインキャラクター:手塚治虫
企画:吉川斌(日本テレビ)
プロデューサー:武井英彦(日本テレビ)、山本智(手塚プロ)
文芸担当:寺田憲史
監督:石黒昇
作画監督:正延宏三、清水恵蔵、西村緋禄司、森田浩光、飯野皓、吉村昌輝、宇田川一彦、樋口善法
美術:伊藤信治、阿部幸次、八村博也、吉原一輔
設定デザイン:尾中学
メカデザイン:青井邦夫
美術監督:石津節子
撮影監督:藤田正明
編集:井上和夫、坂本雅紀
録音監督:中野寛次
製作:日本テレビ・手塚プロダクション
音楽:三枝成章

【キャスト】
アトム:清水マリ
お茶の水博士:勝田久
ウラン:菅谷政子
ヒゲオヤジ:熊倉一雄
パパ:桑原たけし
アトラス:北条美智留
ママ:日比野美佐子
リビアン:横沢啓子
天馬博士:大木民夫 ほか

【主題歌】
「鉄腕アトム」作詞:谷川俊太郎/作曲:高井達雄/編曲:三枝成章/歌:アトムズ
「未来に向かって」作詞:手塚治虫/作曲:三枝成章/歌:アンク
「ウランのテーマ」作詞:荒木とよひさ/作曲:三枝成章/歌:ウランズ
「ゴリモンな日々」よりニュース!
大阪駅前に巨大アヒルちゃん登場したそうですよ!
http://gorimon.com/blog/log/eid1252.html