手塚治虫公式サイトにのっていた心斎橋ココリコのピノコのよくばりクレープを食べに行ってきました~♪

ココリコ

カミさんに誘われて、心斎橋のクレープ屋「ココリコ」まで<ピノコの欲張りクレープ>を食べに行った。

ココリコは、なんでも“行列のできるクレープ屋”との異名をとってるそうで、地下鉄の駅から地上にあがり、商店街の方へ進むと、ホンマに店の前に行列ができていた。
この寒いのに皆さんご苦労なこって・・・って、ワシらもか

ピノコっていうぐらいだから、勿論、手塚プロとのコラボ企画だ。
550円で2種類のメニューが楽しめるという、まさに“欲張り”なクレープで、メニューは6~7種類からセレクトできる。
カミさんは生チョコ&バナナを、浦メはチーズ&苺を選んだ。

浦メの背後では、別のカップルの会話が。
「ピノコのよくしゃべる言葉って、アプリケーション!?」
「ちゃう、アッチョンブリケだよ」
思わず笑ってしまった。アプリケーションって・・・。
この分ではこのカップル、「しーうーのあらまんちゅ」も「オンアボギャア」も「ニッポンの国土ッ!!」も知らねえな。
アタリマエか。

モノは、1枚のクレープに頼んだ2種類が巻かれていた。
ハグハグ、ムシャムシャ。
浦メは、全国津々浦々のクレープをすべて食べ歩いたわけではないから、その差はわからないけど、
「確かに美味しいけど、行列作ってまでは・・・」な感想であった。
女性のマイミクさんたちから「オッサンわかってへんな!酒ばかり飲んで舌がバカになってまんのやろ?」と一斉にツッコまれそうだが・・・。

そしてまた余計な事を考えてしまった。
同じブラック・ジャックでやるんなら、「ボンカレー入りクレープ」とか「練りカラシ一壜まるごとクレープ」とか「ソース入り味噌汁配合クレープ」にすりゃいいのに。
あるいはキリコの欲張りクレープ。これを食えばたちまち安らかに・・・違うだろっ!

更にまたまたくだらない事を考えた。
即ち、
ブッダの欲張りクレープ・・・ウサギの肉とクジャクの肉入り。または仏教ということで、高野山か永平寺の胡麻豆腐入り。或いはヒョウタンツギ型キノコ入り(ただしコイツは食後、腸炎必至)

シュマリの欲張りクレープ・・・鯨肉入り

ボンバ!の欲張りクレープ・・・馬肉入り

料理する女の欲張りクレープ・・・人肉入り

ピピちゃんの欲張りクレープ・・・魚肉入り

メルモの欲張りクレープ・・・赤と青のキャンデー入り

レオの欲張りクレープ・・・シシ肉入り(シシ違いやがな!)

ラスコーリニコフの欲張りクレープ・・・タクアン入りカレーまたはアンコを塗ったトンカツ入り

小山内桐人の欲張りクレープ・・・天ぷら入り(なんの天ぷらかは・・・ナイショ)

マグマの欲張りクレープ・・・溶岩入り(食えるかっ)

カノンの欲張りクレープ・・・蓬餅入り

お常の欲張りクレープ・・・毒薬入り(オイッ)

ばるぼらの欲張りクレープ・・・ボウモア・フォアローゼス・マッカラン・オールドパー・響・山崎・グレンフィディック入り

ザムザの欲張りクレープ・・・虫入り

ガロンの欲張りクレープ・・・ピック入り(なんやねん、そりゃ)

マコの欲張りクレープ・・・座布団入り(・・・)


手塚マニアにしかわからん事を書き散らしやがって!
スポンサーサイト
年賀状2012年

遅まきながら、あけましておめでとうございます。
今年の年賀状は、手塚先生の「もえよドラゴン」より。
毎年恒例、夫との合作です。
本年も宜しくお願い申し上げます。
「『大大阪レトロナイト』100回記念 レトロ建築写真・イラストコンテスト」に応募し、入選した中之島図書館のウォールタペストリーの写真が、大阪市役所にて展示されるそうです。
良かったら、見に来て下さいね☆

中之島図書館ウォールタペストリー17

「大大阪レトロナイト」100回記念 レトロ建築 写真・イラスト展

http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/event_9730.html

概要
今年実施した「『大大阪レトロナイト』100回記念 レトロ建築写真・イラストコンテスト」で、「大阪観光PR賞」を受賞した作品の絵はがき「入賞作品集」の完成にあわせ、コンテストの「大阪観光PR賞」「特別賞」受賞作品を含む約40作品を展示します。

なお、会場で実施するアンケートにご協力いただいた方から抽選で30名様に、「入賞作品集」をプレゼント!

■時間 9:00~17:30(最終日は16:00まで)

開催地
大阪市役所 1階市民ロビー


開催期間
2012/1/10~1/20

問い合わせ先
(財)大阪観光コンベンション協会 事業部 魅力開発担当(06-6282-5910)