異型ヘケートの魔法構造における電子顕微鏡的チンク
夫の日記より転載。
浦譚・・・いや裏話多めの日記です。


異型ヘケートの魔法構造における電子顕微鏡的チンク



なんのこっちゃ書いてる浦メもワケ分からんタイトルだが・・・
9月21日、久しぶりに宝塚の手塚治虫記念館へ。

前川館長が直々に館内を案内し、手塚治虫の「人と作品」について解説して下さった。
なんで館長が直々に解説するのかというと、実は今日&あと2回、文化センターで手塚治虫について講師入れ替わりの連続講座をやる予定だったんだな。
「やる予定だった」というからには、お察しの通りそいつが頓挫しちまったんだな。
その予定していた講師のひとりが我が嫁はん。
いやもう烈火の如く怒り、コーヒーゼリーはドカ食いするわ、お紅茶を湯呑み茶碗に注いでガブ飲みするわの大騒ぎ。
お蔭で浦メは「おーい母さん、お茶」と所望もできず、戦々恐々。小さくなって暫らく声もかけられなんだ。

で、件の前川館長が、折角申し込んで下さったお客さんに申し訳ないので、都合よければ記念館にお出まし願えれば文化センターでやるハズだった話を館内案内しながらさせて頂きます、というお知らせを、各申込者に入れはったのだ。
あとで聞いたのだが、今日、館長は本来公休日だったそうな。それを申し訳ないから、とわざわざ出てこようってんだ。何人参加するかもわからんのに。
浦メは、館長さんの人柄に感じ入ったね。
前川館長ガイド1

話の内容は、当たり前だが我ら夫婦には基礎ばかりだったけど、館長さんよく勉強してはるな、と感心しちまったぜ。“黒テヅカ”の代表格『MW』まで読んでなさったのには驚いた。お蔭で既知の情報ばかりとはいえ、改めて「おさらい」が出来たよ。

前川館長ガイド2

今、企画展で開催中の「テヅカ&オトメイト」も漸く初めて観たが、まあ凡そ浦メには了解し得ない世界であった。オトメイトってのは、コミケなんぞの同人誌でよくある美少年キャラがウジャウジャと出没するゲームなんだそうだが、最初オトメイトって聞いたときにゃ一体何のオーダーメイドだ?と思っちまったがな。こんな程度やさかい、了解し得ないのも仕方がねえか。

館長によると、今回は記念館と宝塚駅周辺にある幾つかの飲食店にも参加協力してもらったという。どういう事かというと、本企画展を記念しての特別メニューをそれぞれのお店で創作してもらって、企画展を見に来たお客についでに食べにきてもらうという、「地域振興」的なコラボだという。これはユニークだ。

ムラーノカフェ1
ムラーノカフェ2

遅い昼飯を食ったあとで、我ら夫婦とY氏は「ほんならいっちょ立ち寄ってみるか」と、記念館の横断歩道渡ってトイメンにある<ムラーノ・カフェ>を訪れた。このカフェの企画展記念特別メニューは「ヘケートの魔法」と「チンクのいたずら」。決して「ヘケートの阿呆」でも「チンケないたずら」ではない。

このカフェは、昔はNTTの支店だった。入口には注意書きとして、「男性のみはご遠慮を」とあった。なんだなんだ、鉄道各社の女性専用車両の余波がこんな所にも押し寄せたか?
女人禁制ならぬ男子禁制か。大奥か修道院か、はたまた女護ヶ島か?野郎が入れるのは女性同伴のケースだけだそうな。成る程「女の園」だな。

ドアを開けると分厚い深紅のカーテン。そしてその奥にはえらいゴージャスな、キャバレーみてえな空間が広がっておった。中央の大黒柱に据え付けられた巨大なスクリーンには、常時ヅカ歌劇が上映されてる。奥の壁は全面ミラーで、とてつもなく広い空間を演出しておる。天井からは無数のシャンデリア。お客が9割方が女性という点を取っ払えば、ここは京橋グランシャトーのナイトラウンジか!?

取り敢えず端っこの四人掛けテーブル席に腰を下ろしたが、なんだか落ち着かないね。
冥土さんが・・・いやさメイドさんがオーダーを取りに来たんで、浦メは「ヘケートの魔法」を、嫁はんは「チンクのいたずら」と紅茶を、Y氏はヘケとチンの両方を、それぞれオーダーした。

ムラーノカフェ3

ここでまたしても浦メは「“プラスチック王子の度が過ぎたいたずら”とか“ジェラルミン大公の憂鬱”はないんですか?」と聞いてみた。
メイドさんは「ゴメンナサイ、それはないんです♪」とニッコリ微笑んでくれた。
「ヘケートの魔法を飲んで白鳥に化身してしまっても、当店では責任を負いかねます」とメニューに書いてあったので、浦メはなお食い下がり「責任は負わないという事ですが、白鳥だと当然支払い能力は無いワケですよね?それは御目こぼしして下さるんで?」と至極真っ当な質問を投げかけてみた。
メイドさんはウフフフと可愛く微笑むばかりであった。
嫁はんからは「あんた、ややこしい客やと思われるからやめときぃ」と怒られた。

なお、「チンクのいたずら」はハート型のチョコレートケーキにアイスクリームとフランボワーズをあしらったもの。「ヘケートの魔法」はクリームソーダにカラフルな小さいマシュマロを浮かべたドリンク。 マシュマロなんざ先途久しぶりやぜ。相変わらず甘ったるいぜ。

ヘケートの魔法
チンクのいたずら

それにしても・・・むかし電電公社、いま乙女チック&ゴージャス喫茶か・・・。
雰囲気といいデザートといい、こりゃオッサンには居た堪れない店だね。
世の無常を感じながら、アタマん中で琵琶法師の語りを旋回させながら、帰路に就いた。
スポンサーサイト
先日お知らせしたよみうり文化センターの講座ですが、昨日主催者から連絡があり、集客が思わしくないため、開催自体を見合わせるそうです。
事務局とのマッチングが毎回上手くいくとは限らないので、仕方がないです。
案内状をお送りした方もいるので、こちらにて中止のお知らせをさせていただきます。
夫の日記より転載します。


嫁はんに連れられて、池田市(大阪の)まで出かけた。
阪急池田駅を中心に、市内に点在するカフェやギャラリーに展示されている吹田万博の写真やイラスト、グッズを見て廻るという、嫁はんに言わせると「大人の文化祭」。
主催は池田市&大阪万博展実行委員会だが、それを取り仕切っている元締めはミスター万博・白井万博ミュージアム館長だ。

嫁はんにアチコチの店に連れて行ってもらうつもりが、嫁はんは方向音痴で地図が読めず、いつの間にやら浦メが「池田市と大阪万博展マップ」を奪い取って嫁はんを案内しておった。

先ず訪れたのは<cafe home>。
DSC02347 - コピー
土日のみ営業の小さな喫茶店なんだが、これがhomeという屋号が示す通り、下町のごく普通の民家なんだよな。思わず「ごめんくださ~い」と挨拶しちまったぜ。
店内も思い切り普通の民家で、壁面には「太陽の塔が写り込んだ風景写真」が数点飾られていた。
DSC02351 - コピー
DSC02363 - コピー
ランチでカレーライス70’sバージョンを戴く。
万博のレストランで出されたライスカレーと同じレピシで調理かと思いきや、今風の洒落たカレーじゃなくてジャガイモをゴロゴロと切って入れて“70年感”を出してみた、との事。
そういやどことなく懐かしさを感じる味であった。
DSC02370 - コピー
DSC02372 - コピー

店を辞してすぐ近所の喫茶兼ギャラリー<Ie>を訪ねる。
これまた思い切り下町の普通の「家」であった。だから屋号がIe(いえ)なのか。
ここで嫁はんのお知り合いがやっている、万博公園を針穴写真機で写した「針穴写真」を観賞。
DSC02347 - コピー

いずれにおいても浦メが感動したのは、本日は曇天で、その曇り具合がこれら古びた民家と見事にマッチしておった、という点。
この風景、カラーなのにモノクロームなこの空気感、正に「70年代」だったぜ。
ナゼか唐突に「竜馬暗殺」を思い出してしまった。庭先かどっかで龍馬と仲間たちが「西洋寫眞鏡」に収まるシーンがあったが、あれの空気感を彷彿としてしまった。
DSC02458 - コピー
DSC02444 - コピー
DSC02457 - コピー
DSC02455 - コピー
DSC02504 - コピー
DSC02507 - コピー
DSC02485 - コピー

その後もマップに従って各喫茶店を訪ねて万博展示を観賞し、万博のウルグアイ館の一部をいきなり玄関前に取り付けた白井館長のご自宅を外から拝見し、そこで偶然白井館長の御母堂様とお会いして立ち話。

DSC02567 - コピー

ゴールはこのイヴェント開催中、白井館長が常駐してらっしゃる喫茶<Luke Cafe>。
DSC02602 - コピー
DSC02592 - コピー

ここに万博と白井館長をこよなく愛する紳士淑女がユルユルと集結、店内に所狭しと飾られた白井コレクションを愛でながら、各テーブルでカウンターで、万博噺に花を咲かせた。
白井館長は相変わらずニコニコと座ってらっしゃった。あの穏やかな笑顔には癒されるぜ。
浦メも、こういう境地に達したいもんだが、まだまだ人間が出来ていねぇ・・・。

ここで浦メは、これまた嫁はんのお知り合いであるFさんの知遇を得た。
会話の端々で、交ぜっ返し・エスプリ・ギャグを飛ばさずにはおれないあたりがソックリで、お互い「なんだかウマが合いそうだなぁ」との印象を強くした。

また、喉が渇いたんで生ビールをオーダーしたんだが、お隣のお客が食していた「昭和なナポリタン」の美味そうな匂いに我慢できず、誘惑に負けてナポリタンもオーダー。アツアツに焼けた舟形の鉄板に目玉焼きが広がり、端っこにはウィンナーが埋め込まれ、その上にトマトケチャップがよく絡まったナポリタンがボリュームたっぷりに鎮座していた。
美味い♪
ナポリタン好きな浦メを黙らせる、確かに“昭和な美味しさ”であった。

しかし「大人の文化祭」とは・・・嫁はんもうまいこと言ったもんよ。
確かに立ち寄った各喫茶店も、展示を見るだけでOKで、飲み食いをまったく強要しない所がユルくてイイ♪

白井館長のお人柄がしみじみ感じられる、そんなイヴェントであった。