手塚治虫記念館のニュース欄を見てビックリ!
なんと!なんと!手塚治虫記念館で夏目房之介さんの講演があるそうです~!
手塚先生の誕生日に夏目さんが語る手塚マンガ!願ってもない企画ではありませんか(^0^)

というわけで、以下公式サイトよりの情報です。



11/3(祝) 14:00~ 11.3手塚治虫誕生日記念「手塚マンガはやっぱり面白い」
11/5(日) 13:00~ 手塚治虫文化賞10周年展関連企画「マンガとは何か」

手塚治虫文化賞10周年 記念シンポジウム 「マンガ未来世紀」上映
今年9月に有楽町朝日ホール(東京都)で行われた、手塚治虫文化賞10周年記念シンポジウムの模様を、記念館アトムビジョンにて上映いたします。
(映像協力:朝日新聞社)

※いずれも当日 朝9:30から 1階受付で入場整理券を配布・各日先着50名のみ聴講可能となります。




問題は9時半~入場整理券を配布。
午前9時半に宝塚……う~ん起きれるやろか(^^;;)
また、12日には先月有楽町ホールでおこなわれた「マンガ未来世紀」のDVD上映(!)があるそうです。
東京まで見に行きましたが、こちらも見に行っちゃいそうです(^^ゞ


上映日程:
11/12(日) 13:00~ 「極私的マンガ事情2006」
パネリスト 荒俣宏氏(作家)×いしかわじゅん氏(マンガ家)

15:00~ 「手塚治虫から続く道」
パネリスト 萩尾望都氏(マンガ家)×浦沢直樹氏(マンガ家) ×夏目房之介氏(マンガ・コラムニスト)
※各先着50名


さて、11月3日手塚先生の誕生日イベントといえば、
東京の杉並アニメーションミュージアムでもイベントがあるそうです。

片山雅博さん(多摩美術大学教授・JAA事務局長)
松谷孝征さん(手塚プロダクション 社長/JAA理事長)
川本喜八郎さん(JAA会長)
鈴木伸一さん(杉並アニメーションミュージアム館長)

日 時:11月3日(金・祝) 13:30~14:30
(↑以前の告知より時間変更されたそうですので、参加の方はお気をつけください)
場 所:杉並アニメーションミュージアムアニメシアター 入場料:無料 


要申し込み。詳しくはこちら
 
↑こっちはこっちでとても心ひかれますが、やはり近い手塚治虫記念館に行くことにします。
東京へは12月17日の手塚ファン大会に。まだゲスト発表されていませんが、募集始まったみたいですねー。関東の手塚ファンの皆様どうぞよろしゅうに。あ、私ら夫婦以外にも関東圏外から来る人いますよね?

ところでAERAムック「ニッポンのマンガ」が届きました。
想像以上に盛りだくさんで驚いています。「マンガ未来世紀」の様子が収録されている上に、浦沢直樹さんの書き下ろしマンガ、そして何よりアメリカで発見された幻の手塚漫画収録!しかもカラーでっ!!特に『ハンスと金のかみのけ』がカラーだったのが嬉しかったです。
■どうも『ハンスと金のかみのけ』を『ハンスと金のたまご』と言い間違えてしまいます(^^ゞ←「それは『チンクと金のたまご』や!」とツッコミできるあなたはすごい手塚マニアですな(笑)。

それからひと月前に出た『手塚治虫原画の秘密』よかったですねー。さすがは森資料室長!ええ仕事してはります♪
原画の裏から透過光撮影するなんて思いつきもしません。B・Jを透かしてみたら下にヒョウタンツギがいたには笑いました。なかよし版『リボンの騎士』で白鳥に変えられたサファイアのシーンが全部描き直されていたのは知っていましたが、実際上から紙を貼って描き直しちゃうんだ。手塚先生はいったん完成した絵でも惜しげもなく切ったり貼ったりしちゃうんですねー、ホンマに。あと、手塚MLのオフ会でyabuuchiさんが説明されていた「色指定」についても丁寧な説明が添えられていてよかったです。是非第二段を出して欲しいものです。

さて、私事ですが、ついにこのブログ100エントリー目を迎えました♪記念すべき100エントリーなので、やはり手塚治虫先生への敬意をこめて。(一応ここ手塚ブログなんです^^;最近脱線気味ですが・笑)

最近こっちのブログがメインになっているので、読んでない方もおられると思いますが、一応本家の「森の伝説」のほうもたまに更新しておりますのでヨロシク~(^^ゞ

【最新レポート】
謎が解けてまた謎発生!(byセージ)
「虫マップ ―手塚治虫ゆかりの地を訪ねてー」第21回『紙の砦』の風景を歩く(byのりみ)

というわけで、今後ともどうぞ「のりみ通信」をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/100-5fb55284