池田城跡公園

池田附属小学校跡地をさらに北にのぼると池田城跡公園です。室町時代~戦国時代に池田、豊中、箕面付近を支配していた池田氏の居城がここにあったそうです。しか~し!当時の池田城は平屋造りだったそうなのですが、天守閣がなきゃお城っぽくないという理由で、豪華な(?)天守閣付き展望台が出来たのでした。以前「池田の地でまちづくりについて考える」というタイトルで、このヘボヘボの(笑)池田城跡公園について述べましたが、もう外から中まで違う意味で笑えてしようがない。まあ見当違いなまちづくりの例ですが、でも「憩いの公園」としては馴染んでいるようで、中でボール遊びをする親子や散歩の老夫婦などもみかけました。
池田城跡公園

その老夫婦の会話。
「これ、天守閣の一部やで。てっぺんの部分だけ再現したんやな。」

違うんや~!それ以前の問題だって!池田城に天守閣なんてあれへんかったんやってば!(笑)
で、せっかく来たからには展望台にのぼらなきゃってことで新築の池田城へ。私ら手塚ファンの間ではこの池田城は醍醐城に早がわり!「百鬼丸ごっこ」ができちゃう♪突然「どろろ」の舞台になっちゃうんだから、手塚ファンの空想力ってすごいもんですなあ(笑)。
中にはこんな張り紙が。「いらっしゃいまんじゅう」(笑)。
池田城跡公園

城としてはどうかという感じですが、展望台としては実に気持ちよくやっぱり憩いの公園かもしれません。
池田城跡公園

しかし、城の外に出ると池の水が枯れていました(笑)。
「財政難で水を入れる金が無いんだよ」なんて話をしながら、池田城をあとに。

ついでに触れますと、ここ池田城があるところは「城山町」。手塚先生が小学5年の2学期~6年を過ごした城南校舎(現在市立池田病院が建っている)はその名のとおり、城南町にありました。池田城の南にあるから城南町です。このあたりの地名はやはり池田城が大元になっている地名が多いです。先に触れた池田師範附属小学校の校舎は建石校舎というのですが、そのもとになった地名が「建石町」。確かな由来はわかりませんが池田城と関係がありそうですよね。サカエマチ商店街の「栄町」やもたぶん池田の町が栄えるって意味ですよね。(しかし織田信長に降伏したんですけどね、この池田氏は・笑)


池田城をあとにし、最後はサカエマチ商店街をぶらぶら歩きました。池田のマスコット・ウォンバットがいたるところに(笑)。
ウォンバット

ウォンバット

ウォンバット

みんなにこーやって頭をなでられてきたんでしょうねー。
ウォンバット

ゴリモンさんデザインのウォンバット君もあちこちで見ることができます。
ウォンバット

これは、アレンジされたバージョンですよね(笑)。
ウォンバット


午後4時すぎに池田駅に戻って解散。ご参加の皆様お疲れ様でした♪

【おまけ画像】
池田散策の途中ですごい肉屋がありました(笑)。
すごい肉屋
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/147-ed8116b2