プラッツ近鉄

近鉄百貨店京都店(プラッツ近鉄)が2月28日で閉店と聞き、行ってきました。いつも近代建築めぐりの時にお世話になっているサイト「デジカメ写真缶」京都レトロのデータベースによると、設計がなんと渡辺節建築事務所!渡辺節氏というと綿業会館旧乾邸で知られる人物であり、これはレトロ建築好きとしては行っておかねば、と思った次第です。
プラッツ近鉄

外観も内装も戦前の商業建築としては割とシックなほうでしょうが、正面玄関にアールデコっぽい装飾が見られました。
プラッツ近鉄
六階部分にはこのようなテラスが。
プラッツ近鉄

阪急百貨店と同様、ここも何度も増床、改装が繰り返されているのですが当時の面影を求めて百貨店じゅうをくまなく歩きました。これが建築当時からある階段と照明。
プラッツ近鉄

プラッツ近鉄

レトロな階段を7階まで頑張ってのぼり、屋上へ。
プラッツ近鉄

百貨店の屋上遊園地です。そもそも「屋上遊園地」そのものが流行らなくなってしまったので、この日もセールの賑わいとはうって変わって、閑散としていました。閉店を惜しんで訪れ、私と同じように一眼レフを手にしている人の姿もありました。
プラッツ近鉄

プラッツ近鉄

プラッツ近鉄

京都タワーは改装中で帽子をかぶっていますよ♪
プラッツ近鉄

フロア内に入ると閉店間際とあって中はすごい人、人、人。
プラッツ近鉄

プラッツ近鉄

地下食料品売り場の照明です。確証は無いのですがこれも建設当時の照明では…?
全然今のデザインっぽくないので。
(まわりのイルミネーションは違いますよ!)
プラッツ近鉄

ディティールに注意をはらって見てまわったのですが、エレベーター前などいたるところに六角形の模様があしらわれていました。
プラッツ近鉄



七階では、京都物産館(通称「丸物」)時代から近鉄百貨店京都店、プラッツ近鉄にいたるまで87年間の歴史がパネル展示されていました。館内クイズラリーがあったので、最初は解く気は無かったのですが、だんだん意地になって結局全問チャレンジしてきました。
プラッツ近鉄クイズ

プラッツ近鉄クイズ

プラッツ近鉄クイズ

プラッツ近鉄

4問中3問までは七階の展示をくまなく見れば解ける問題ですが、難しい!クイズと展示の場所がうんと離れているんですもん。私みたいにデジカメ持ってないと問題を憶えられへんやん(^^;)あと1日で閉店なので、答え書いちゃっていいよね。クイズ1…C クイズ2…A クイズ4…C
で、クイズ3だけが展示を読んでもわかりませんでした。


閉店セールでめっちゃ安かったのであれこれ買い物もし、午後7時すぎまでねばりました。老舗百貨店の閉店ってやっぱりさびしいものですね。閉店後はヨドバシカメラになると聞いていますが、建物はどうなるんでしょうね~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/152-ec586afe