春になって、近代建築関連のイベントが各地で開催される今日この頃。ひろ009さんのブログで「まちかどの近代建築展in天満屋ビル」の開催情報を知りました。ちょうど、アートカレイドスコープのトークイベントで、連日大オオサカまち基盤メンバーに会っていたものですから、お誘いして大バンのちよちゃんと一緒に行ってきました。

最初に訪れたのは、商船三井築港ビルにあるステムギャラリー
近代建築写真展―今は亡き建物たち―
3月20日(火)まで日曜休廊
築港ビル

まず、入口にある展示の案内パネルを見て仰天!
「北野高校や!」
最初に手塚先生の母校・北野高校の昭和校舎に出会えるとは嬉しくなります。
ステムスギャラリー

ステムスギャラリー

写真撮影は大阪歴史博物館の伊藤純氏、解説は同じく酒井一光氏。
愛日小学校、阪急ビルディング、NHK大阪放送局(JOBK)、三越大阪店など。
モノクロの写真からは今は亡き建物に対する静かなる想いが伝わってきました。
余談ですが、芳名帳に知っている人の名前を二人見つけました。(世間て狭いですね^^)
築港ビル

築港ビル

ステムギャラリーの雑貨コーナーを見ていると、近代建築のペーパークラフトがいくつか。展開図が泉布観芝川ビルのとよく似ていたので、ちよちゃんに聞いてみたところ、大バングッズとして販売されているものもやはり同じ作家さんだそうな。あとで大バンのブログを見たらバックナンバーにそのあたりのことが載っていました。
大阪近代建築ブログ海岸通建物語(ま)
このペーパークラフトで阪急ビルを作って欲しいな~とかねがね思っております(^^)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/156-d885b03e