上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪市立科学館で、オムニマックス映像「アストロボーイ鉄腕アトム 10万光年の来訪者(イグザ)」が上映中なので、見に行ってきました。これ、2005年の作品で前に天保山でやっていたんですが、見損ねていて、今頃見に行った次第です。
10万光年のイグザ

しかし、率直な感想。まあまあです(^^;)いや、見る前からだいたい作品のレベルはわかってはいたんですが…。「アストロボーイ鉄腕アトム」は正直あまり好きではないので、手塚ファンの義務として(苦笑)見ている感があるんですが…。(見たくないなら見なきゃいいのに、といわれるかもしれませんが、これがそうもいかないのが手塚ファンのサガ^^;)

う~ん、何が足りないのかなー「アストロボーイ」。別に作画が悪いわけでもないし、津村アトムにはもう慣れたんですが…。あえて言うなら…脚本に全然インパクトが無いんだよなー。
「アストロボーイ」は、原作とはストーリーが全く異なるため、原作至上主義の私にはこれがアトムの顔をしていてもアトムに見えないんです。「手塚治虫原作」をうたっていてもどこにも手塚イズムが感じられない。

でも、まあお客は入っていました。日曜日ということもあって、ほとんどは親子連れ。子供はおもしろいんやろか?これ。別に原作にこだわっているわけじゃないんですけどね…原作とかけはなれていても面白ければいいんですけど…。でも原作のアトムが少しも感じられないアトムってアトムって言えるのか?
一般ウケしなくても、マニア受けする作品を望んでいるんですけどね、個人的には。それじゃお客は入らんか(^^;)しかしねえ、だからといってマニアの心をつかめない作品が一般ウケするとも思えないんですよね…。

…とぶつぶつ文句を言いましたが、でも。大阪市立科学館でアトムをやってくれるのは嬉しいんです。だって、ここ大阪市立科学館は手塚先生が宇宙への夢をかきたてたプラネタリウムがある場所ですから。
プラネタリウム

これがそのツァイスⅡ型プラネタリウムです。かつて四ツ橋の電気科学館にあり、現在は有形文化財として保存されています。詳しくはこちらを。
プラネタリウム

文化財指定書

文化財指定書

以前、ここには『漫画天文学』の原稿と手塚先生のサインが一緒に展示されていたそうですが、今日はありませんでした。でも、科学館の売店ではアトムグッズも販売されていました!
アトムグッズ

手塚先生ゆかりの地でアトムを。すごい嬉しいんですけど…ただ、それが「鉄腕アトム」ではなく「アストロボーイ」なのが気にくわないんだな(^^;)といいつつ、チラシをがさっともらって帰りました。(めっちゃ矛盾…)
学天則

ところで、ここ、大阪市立科学館には「日本で最初のロボット」といわれる「学天則」の模型が展示されています。
キャプションによると、「学天則」が生まれたのは1928年(昭和3年)。制作は西村真琴氏。圧縮空気を各部におくって人間のような動きをしたそうです。(この学天則の目が動いている映像を見たことがあります)実際の「学天則」はこの2倍の大きさ。
学天則

科学館の入口にはドラえもんもいました。タケコプターがソーラー電池でまわっています。ついソーラー電池部を手で触って、とまるかどうかを確かめる私(笑)。
ドラえもん

それにしても、科学館の建物はかっこいい!
大阪市立科学館

ここに来るとやっぱり手塚作品のSF世界は大阪の科学館が原点だったんだなあ、という気がします。

科学館の前より眺めているのは、かつて手塚先生が通った阪大医学部跡地。今は更地です。
科学館前

右に見えるのはダイビル。このダイビルが見られるのもあと2年…。
ダイビル




アトムといえば、今年もGWスタンプラリー始まってますね。早くペタペタ押しに行かねば(笑)。
FC2 Management
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/184-07cffefb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。