ええかいin大大阪

5月11日金曜日の夜、ええはがき展のオープニングパーティが大阪名品喫茶「大大阪」で開催されました。レギュラーメンバー8名に、喫茶大大阪店長の吉崎さん、スタッフの方、それにゲスト2名をお迎えし、総勢12名のええかいで実に盛り上がりました!大大阪は貸し切りも可なんだそうで、閉店後に同じくダイビル1階にあるスペイン料理店カボ・デルポニエンテよりお料理を運んでいただきました。

今日のええかいにお招きした、ゲスト・ゴリモンさんにみんな興味津々。何せ大阪通のアルファブロガーですから(笑)。
ええかいin大大阪

後ろの太陽の搭は、ええはがき研究会のために、と届けられた湯川敏男さんの作品。ハガキに印刷された中之島公会堂や大阪城などが立体作品に!たった一枚のポストカードでこれだけできるとは!とみんな驚いていました。
ええかいin大大阪

話題は、3月のアートカレイドスコープのこと、今度6月7日にガス灯の点灯式が行なわれる三休橋筋のこと、吉崎さんがかかわっている水辺のまち再生プロジェクトのことなど多岐にわたりました。
宴もたけなわ。ひとしきり盛り上がった後、突然大大阪のライトがすーっと消えたのでびっくりしていたら、外からローソクを立てたケーキがやってきました。
ケーキ

4月、5月にお誕生日の3人。それと、今日5月11日は御堂筋70歳の誕生日なんだそうです。
ケーキ

最後にええはがきが展示されているショーウィンドウを眺めていたら、メンバーの一人が教えてくださいました。このショーウィンドウのガラス、横から見ると波うっているのがわかります。このガラスはおそらく、ダイビル竣工当時からのものなんだそうで、今では逆にこのようなガラスは作れないと。右側のガラスだけが波うっていて、左側は真っ平らでした。つまり、左側だけ割れたか何かで入れ替えられたんですね。

そして、この窓枠も鉄製で当時のままだとのこと。現在では錆びる鉄製サッシはほとんど使用されていないそうです。鉄製はアルミに比べて窓枠を細くできるので窓がきれいに見えるんだそうです。

大大阪に行ったら是非こういうところもチェックしてみてください。
大大阪のショーウィンドウ



大阪ええはがき展in大大阪
期間:5月7日~6月末
場所:大阪名品喫茶「大大阪」
大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館1F TEL 06-6444-8870 日曜定休
アクセス
時間:9:30~18:00
日曜祝日休(ショーウィンドウの作品は休日でもご覧いただけます)
展示しているええはがき作品は店内でセット、バラで販売しております。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/189-013bb0a3