手塚ファン大会翌日の後日談があるのですが、時間的な都合でとりあえず先にこちらのレポート。

12月23日(日)。劇団スタジオライフ公演の「アドルフに告ぐ」を見に行ってきました!前回の手塚原作の観劇はモー娘の「リボンの騎士・ザ・ミュージカル」だったから一年半ぶりです。モー娘演じる「リボンの騎士」が全員女性(しかもアイドル^^;)の出演者に対して今回のスタジオライフは出演者全員が男性という劇団。作品内容も前者はファンタジー、後者は非常にシリアスな歴史ドラマ。さらに言うなら客層も、前回がアイドル目当ての男性がほとんどだったの違い、今回は大部分が女性でした。そんなわけであらゆる意味で対照的な、今回の手塚作品観劇レポートです。

私が書くより先に夫のほうが、サクサクとミクシィ日記に観劇記を書いてくれたので、以下夫の日記より転載。
アドルフに告ぐ

23日、妻と江戸へ。江戸もこう何度となく足運んでいると「大都会への感動」がなくなっちまう。山手線の電車が到着する合図音も覚えてしまった。

で、今回の目的は、スタジオライフという野郎ばかりの劇団による舞台「アドルフに告ぐ」の観劇である。「アドルフ」は、いわずと知れた手塚先生の後期の大傑作。しかし野郎だけの劇団とは…。タカラヅカの逆版か。

始まって最初のころは野郎の半ズボン・ランニング姿、野郎の女装に正直戸惑った。しかし俳優たちの実力と原作の素晴らしさに、途中から舞台にのめりこんでいった。筋立てはほぼ完全に原作通り。しかも台詞まで原作通り。我等手塚ファンとしては満足満足。これで手塚を知らない観客席のチャンネエたちが「手塚治虫ってこんな凄い漫画を描いたんや」と知ってくれりゃいいなあ。そしてじわじわと「手塚ニアン」を増殖させ、やがてわが国を手塚ファンだらけの一党独裁国家にするのだ! 舞台のヒトラーにだいぶ毒されたな、浦も。だってヒトラー役の俳優がめっぽう巧かったもんだから。俺も『わが逃走』でも上梓するか。(アホ)

しかし一方で、ストーリー展開が急テンポで、原作を読んだ人には理解できても、原作をしらない人には少しついて行きづらかったんではないか?とも感じた。 まぁあれだけの複雑極まりない、複線張りまくり&人間関係絡みまくりの大河ドラマを180分でまとめようってんだから、テンポの早さは止むを得ないとしても、だ。

一番ひっかかったのは、ラストのカミルとカウフマンの決闘シーンだ。カウフマンの子供たちがイスラエル軍人になったカミルに殺され、カウフマンはカミルに怒りを掻き立てる。これは描かれていた。 しかし、カミルが、我がのオヤジを殺したのが実はカウフマンだと知って怒り狂う・・・これが描かれなかった。 だから原作を読んでいない人は、二人の殺し合いが非常に唐突なものに感じられたのではなかろうか?時間的な問題もあるんだろうが、そこんところをもう少し丁寧に説明して観客を納得させないと、感動は深まらないぜよ。

終演後、ヨコハマに出た。港のヨーコ、ヨコハマヨコスカだ。(古いなぁ)港を眺め、中華街にでも、というつもりが横浜そごうデパートで「院展」をやっているってんで、妻に引っ張られて入場。

浦メは日展もそうだが院展も、見るのはこれが初めてだ。正直たまげた。妻に言わせると、「現代日本画の最高峰」とのこと。さもありなん。でかいキャンバスと迫力の筆致にただただ圧倒。

夜は隣接のシーサイドスクエアなる商業施設5Fのイタリアンレストランでクリスマスイブの前夜を祝う。基本仏教徒であるにもかかわらず。

浦メは「ひさご鮨」や「信州そば蕎路坊」でもよかったんだが、ハマのクリスマスイブイブに蕎麦や鮨はねえだろうって、嫁はんに0.5秒で却下されちまったのだ。
しかしまぁ観劇に院展にと、“文化的”な年末の休日であった。

(浦さんのミクシィより転載)

銀河劇場

上記、夫のレポートに補足。

今回の「アドルフに告ぐ」は久々に手塚演劇でほぼパーフェクトに満足できる出来でした。前回の「リボンの騎士・ザ・ミュージカル」は不満が多かったから。まず、原作に9割がた忠実なのは手塚ファンとしてポイントが高い!全5巻という大作をよく3時間にまとめきったと思います。それゆえ、多少テンポが速いようには感じましたが、舞台自体が非常にシンプルで背景画などの大道具や小道具は一切なし。最低限の映像とナレーション、何より役者の演技だけでみせる(=みせる実力がある)演劇スタイルはよかったと思います。
 
アドルフ・カウフマンとアドルフ・カミルの撃ち合いシーンから始まり、狂言回しとなった峠草平のナレーション、ドイツでの峠草平の弟・勲が殺された事件、「兵庫県川辺郡小浜村」で起きた芸者絹子の殺人事件(手塚先生の故郷・宝塚で起きた事件という細かい設定まですべてが原作どおり!)、そして舞台が神戸に移り二人の少年アドルフの出会い…と見事なまでに原作どおり。時間の都合で割愛された主要人物は、勲の恋人リンダー・ウェーバー(本名ローザ・ランプ)と仁川警部・仁川三重子親子、小浜で出会った飲み屋のおかみ、くらいですかね。あとの人物はほとんどすべて原作どおりに登場しました。ちょっと気になったのは小城先生のキャラが癖があって変だった(^^;)
 
夫のレポートでも書きましたが、一番目立つキャラでもあったアドルフ・ヒトラー役の人がすご~く上手かった。あのヒトラーの狂気ぶりがよく表現されていました。アフタートークで知ったのですが、出演者は24人に対し、登場人物はなんと100人以上!一人で七役をこなしているなんていう人もいて、すごいなあと。そして、演劇専門にやっているだけに演技力も素晴らしく、非常に満足できました。

観劇の後、夫と喫茶店であーだこーだ話していたのですが、「アドルフに告ぐ」を実写映画でやって欲しいよね、という話になりました。でも実際に映画にするとなると、ドイツやイスラエルに協力を求めなきゃいけないし、莫大な制作費がかかりそうだし、なかなか難しいと思います。そういう意味では「アドルフに告ぐ」は演劇向きの作品なんでしょうね。それにしても改めて「アドルフに告ぐ」は名作だと思いました!そして、やっぱり手塚ワールドは最高ですよね♪
銀河劇場

■劇団スタジオライフの「アドルフに告ぐ」は12月30日まで上演です。
まだ間に合います!当日券もありますので、未見の方は是非☆

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/245-190236b7