先の、大阪府立国際児童文学館廃止問題に関し、思ったことを追記します。

昨日、マンガ研究者の竹内オサム氏からも児童文学館存続問題に関して緊急のお願いメールがきました。実は竹内オサム氏は児童文学館内で行われる手塚関連の展示などにもよく拘わっておられます。

大阪府立国際児童文学館の存在は、一部のマンガ研究者やマンガファンにはよく知られていますが残念ながら関西圏外の人にはあまり知られていないく、マンガ雑誌が多数揃っていることすらも伝わっていません。

「未収録の手塚作品を読みに行く方法は?」という問いに対して、たいてい国会図書館現代マンガ図書館という答えが返ってきますが、児童文学館もほぼ網羅されているのです。少なくとも私が雑誌を探しに行った中では無いといわれたものはありませんでした。まあ、基本未成年が対象ですから、『ビッグコミック』など青年向け雑誌はありませんけどね。しかも現代マンガ図書館は閲覧料、複写料ともに結構な金額がかかるのに対し、児童文学館は閲覧は無料、複写も30円です。(安いとはいえないけれど、現代マンガ図書館の100円に比べれば…。ここは内記さん個人のコレクションだからお金を取るのは当然といえば当然なわけで。)

また、京都国際マンガミュージアムが最近マンガ雑誌の閲覧サービスをはじめましたが、今のところ複写はできません。だから、単行本未収録作品を調べるときはここ以外、私には考えられませんでした。(他に関西圏でマンガ雑誌のバックナンバーを調べられる場所があるなら是非教えていただきたいです。)

もし、府立中央図書館or中之島図書館と統合された場合、実際問題まず70万冊におよぶ蔵書をどこに収容するかというハード面の問題があります。次に宮本氏がブログで指摘されているとおり「マンガ雑誌が府立図書館に受け入れられるか」という問題がでてきます。なるほど児童文学作品や絵本などの「書籍」は受け入れられるでしょう。しかし、「書籍」とみなされていないマンガ雑誌はすんなり受け入れられるでしょうか?ただでさえハード面の問題があるのに。現段階で府立中央図書館や中之島図書館でマンガ雑誌は全くと言っていいほど置いていません。実際統合となった場合、『ジャンプ』『マガジン』『サンデー』『コロコロコミック』といった大量の少年少女雑誌のバックナンバーを中心とする、一般的な公立図書館には「不適合」な資料の扱いが問題になることは必至です。

図書館には、高価だったり絶版だったり一般では入手が困難な専門書籍を多数置いています。それらを無料で閲覧できるのが図書館のメリットであり、こういったことは公共施設でないとできないことです。確かに専門書籍は需要が少ないです。マンガ雑誌も単行本を読んでさらに読みたい人(=マンガマニア)への需要でしょう。でも、だからといってそこにあることに意味がないわけではないのです。それと同じことが児童文学館の存在そのものに言えるのではないでしょうか。橋下知事は何かと「民間では考えられない」といいますが、逆に民間ではできないことをするのが公共じゃないの、と思います。

ところで、こんなことを書いていたら友人から当の話題の国際児童文学館で4月12日(土)に日本マンガ学会 関西交流部会第35回例会が行われるというお知らせがきました。
日本マンガ学会のイベントはたまに出席しています。いつも幹事をやっているのが京都国際マンガミュージアムの研究員・表智之さんです。
内容的にはほとんど手塚関連ではありませんが、毎回コアなマンガファンが集まっています。
(マンガ学会イベントはコアすぎて話についていけないことはしばしば^^;
私は手塚以外のマンガはほとんどわからないので。)
国際児童文学館自体が気になる方はこの機会に行ってみるのもよいかと思います。
ただ、この日別のイベントとかぶっているので行けるかどうか…ただいま思案中です(^^;)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/262-a6278d97