おなじみ大阪歴史博物館の酒井一光さんの講演のご案内です。

平成20年6月13日(金) 18:30~19:45

なにわ歴博講座
「近代建築に用いられた美術タイルについて」


■ 酒井一光氏

タイルは建築の仕上げ材料として、欠くことのできない存在です。明治時代以降、洋風タイルの輸入や模倣からはじまった日本のタイルにおいて、大正時代頃から和風表現を積極的に模索する動きがあらわれました。近代建築の表情を豊かなものにしたこれら和風美術タイルの歴史を、実際の使用例に即して紹介します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/281-b2ba3ee6