芝川ビルの103号室にチョコレートショップTIKALがオープンしたと聞き、早速行ってきました。場所は1階の入り口入ってすぐ右手の小部屋で、ここは芝川ビルの中でも最も濃厚な装飾がある部屋です。梁下には個性的な顔をした彫像が4体。同じように見えてちょっとずつ表情が違う?詳しくは「芝川ビル公式サイト 建物語 魅惑の小部屋、その見所」を参照に。
TIKAL

ズラリとならんだチョコレート。
TIKAL

そして、チョコレートベースの生ケーキも。
TIKAL

実は大バンメンバーのちよちゃんが、「芝川ビルにはチョコレートショップができるのが夢」と折に触れて語っていたので、その夢が本当に叶ったわけです。大阪近代建築BLOGでも語っているように、近代建築ファンと近代建築オーナーとの間に橋がかかり、「こんなことが実現すればいいなあ」と夢を語っているうちに本当に実現する。素敵だと思いませんか。そういった不思議な力と良い意味での人との繋がりが確かに大バンにはある、と感じる今日この頃です。
TIKAL

ショコラティア「TIKAL by Cacao en Masse」
〒541-0044 大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル1F
TEL・FAX 06・6232・0144
OPEN 11:30am-19:00pm(月曜定休日)

芝川ビル 建物語 ショコラティア「TIKAL by Cacao en Masse」オープン!
大阪近代建築BLOG 芝川ビルにチョコレートのお店がオープン☆
TIKAL

TIKAL

TIKAL

TIKAL
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/290-83a01f9b