2008.10.27 清水順正
大バンのちよちゃんと二人で京都の近代建築探訪。今回は清水五条~七条界隈の近代建築めぐりを堪能してきました。お昼に京の五条の橋の上で待ち合わせをし(弁慶と牛若丸か・笑)、目指すは清水寺、ではなく、清水坂の途中にある清水順正(旧・松風嘉定邸)です。

清水順正は、清水寺近くに建つ湯豆腐店。建物は大正3年(1914)竣工、武田五一設計の和洋折衷建築です。武田五一といえば芝川又衛門邸も武田五一設計です。1階は美しいステンドグラスの洋間、2階は和座敷、和洋両方楽しめることや格子天井など、随所で芝川邸と似た雰囲気を感じました。

清水順正

あいにくの雨で紅葉にはまだ早かったのですが、それにも拘わらず、清水坂は大勢の観光客で賑わっていました。この清水順正も予想通り満席で、写真を撮りながら少し待つことに。

清水順正(玄関)

螺旋階段の部分は2階まで吹き抜けになっています。

清水順正(階段)

清水順正(階段)

1階は洋間。
清水順正(1階)

湯豆腐のお鍋には「順正」の文字。
清水順正(鍋)

3150円のBコースを注文したのですが、湯豆腐以外にお刺身、野菜の天麩羅、豆腐田楽茶碗蒸し、ご飯など。すごくお腹がすいていたのに全部食べきれませんでした。実は京都の湯豆腐屋さんは初めてだったのですが、お料理はどれも美味しかったです。京都の観光客は圧倒的に女性が多いそうですが、まわりを見渡しても若い女性客が多かったです。お豆腐に野菜、お刺身、やっぱりヘルシーで美味しいですからね。

清水順正(料理)
清水順正(ステンドグラス)

清水順正(ステンドグラス)

清水順正(ステンドグラス)

清水順正(ステンドグラス)

清水順正(ステンドグラス)

1階には2箇所暖炉がありました。

清水順正(暖炉)

鮮やかな青いタイルがタイルが貼られています!こんな暖炉はめずらしい。

清水順正(暖炉)

清水順正(窓)

清水順正(照明)

清水順正(テラス)

清水順正(玄関)

清水順正(照明)

食事後、二階も見せていただきました。近代建築ファンであることを言ったらなんと清水順正のポストカードまで下さいました。ラッキー☆

清水順正(照明)

清水順正 照明

2階はお座敷。着物姿で湯豆腐を食べに来ている若い女性の姿というのがやっぱり京都らしい。

清水順正(2階)

和室の格子天井。やっぱり芝川邸に似ています。

清水順正(格子天井)

なんと2階のトイレのステンドグラスがこんなに綺麗でした!

清水順正(ステンドグラス)

清水順正(窓)

清水順正(窓)

清水順正

清水順正

清水順正

この持ち送りの模様もいい!
清水順正(持ち送り)

清水順正

現在、清水順正旧館の向かい側に新館を増築中で11月初旬にオープン。新館がオープン以降は旧館は予約の団体のみの受付になるそうです。よかった~!新館オープン前だったのでギリギリセーフで旧館のほうでお食事できました♪料理も建築もお腹いっぱい堪能させていただきました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/322-4abfbc30