「優しい建物」
ヴォーリズ建築を一言で表したら、「優しい」という言葉が一番しっくりくる気がします。
まだたくさんは見ていないのですが、ヴォーリズ建築を見るたび、ああ、優しい建物だなあ、といつも思います。

今回訪れたのはヴォーリズ六甲山荘。阪急六甲駅からバスにゆられること25分。六甲山はさすが「関西の軽井沢」と言われるだけあって、秋色に染まる山並みが本当に美しい。

森の中の隠れ家といった趣のヴォーリズ六甲山荘。
バス停・記念碑台からはたったの徒歩10分、なのですが、絶対案内地図が無いとたどり着けません。

ヴォーリズ六甲山荘

ヴォーリズ六甲山荘は、1934年に小寺家の個人別荘として建てられました。
アメニティ2000協会が今年の3月にナショナルトラスト方式で購入し、度々内覧会が行われています。今年最後の公開日が11月15日ということで、行ってきました。

ヴォーリズ六甲山荘

ヴォーリズ六甲山荘 照明

ヴォーリズ六甲山荘

ヴォーリズ六甲山荘(模型)

ヴォーリズ六甲山荘

ヴォーリズ六甲山荘 食堂

▼暖炉
ヴォーリズ六甲山荘 暖炉

▼床のタイルは京都の泰山タイル
ヴォーリズ六甲山荘 タイル

▼当時小寺家で使用されていたコースター
ヴォーリズ六甲山荘 小寺家使用品

ヴォーリズ六甲山荘


▼部屋で呼び鈴を鳴らすとこの表示板にどの部屋のベルが鳴ったかが番号が表示されます。紐を引くとリセット。
ヴォーリズ六甲山荘 呼び出し機械

▼お風呂は五右衛門風呂
ヴォーリズ六甲山荘 五右衛門風呂

ヴォーリズ六甲山荘 洗面台

▼家具も当時使用されていたものだそうです
ヴォーリズ六甲山荘 椅子

ヴォーリズ六甲山荘 家具

ヴォーリズ六甲山荘

ヴォーリズ六甲山荘 部屋

▼洋室の照明器具、ちょっと変わった形です
ヴォーリズ六甲山荘 照明

ヴォーリス六甲山荘

ヴォーリズ六甲山荘

使用人の部屋は和室。
ヴォーリズ六甲山荘 和室
このアイロン台はなんと収納式で
ヴォーリズ六甲山荘 アイロン台
このようにパタンと倒すだけでしまえます。
ヴォーリズ六甲山荘 アイロン台収納

ヴォーリズ六甲山荘 食堂

アメニティ2000のスタッフの方にひととおり案内していただいた後、食堂で手作りのりんごケーキと紅茶をいただきました。美味しい♪
ヴォーリズ六甲山荘 ケーキセット

ヴォーリズ六甲山荘 食堂

ヴォーリズ六甲山荘

ヴォーリズ六甲山荘 外観

ヴォーリズ六甲山荘 外観

ヴォーリズ建築って、決して派手ではないけれど、そこで過ごす人への細やかな心遣いが感じられます。だから「優しい」って言葉がしっくりくるんだろうなあ。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/330-67459fb9