夫のミクシィ日記より転載。



嫁さんのお知り合いのゴリモンさんがやってるブログに、「今は無き宝塚ファミリーランドで、1973年に「手塚治虫の超人の世界」という特別展が開催されて、そのチケットが古いアルバムの中から出てきた」という記事がアップされた。嫁さんに教えられて慌てて拝見。

→ゴリモンな日々 「手塚治虫」と「大阪」と「ロボット」

手塚治虫の超人の世界

写真もアップされていて、そこには60年代手塚調な、古代ギリシャかローマを彷彿とさせる英雄と近未来のヒーローを配合したかの如き“超人”が描かれていた。
開催時期は73年3月~6月。入場料:大人300円。安っ!

一体、どんな内容だったのだろうか?しかもこの年は、手塚先生にとってまさに“ド真ん中の大本厄”“大凶”“仏滅三隣亡”“天中殺”“大殺界”の年。即ち虫プロ倒産の年である。
そんな状況下で、超人をモチーフにした特別展をやるなんて、まさに手塚先生は“超人”だ。

手塚先生がらみで、こういう未知の情報に遭遇するのは実に楽しい。で、なんとかしてその詳細を知りたくなる。でもどうやったら調べられるだろうか?
すぐに思いついたのは、経営者である阪急電鉄に、なんか資料が残っていないかという事。だが、文字データはあったとしても、写真資料はないやろなぁ・・・。
そうなってくると、当時この特別展を見に行った人で、尚且つ中の様子を写真に収めてそれを現在まで残している人を訪ね歩くしか手はないか。なんちゅう暗中模索。なんちゅう地道な作業。まるで「砂の器」の丹波哲郎と森田健作知事だ。

であるからして、手塚ニアンな皆様の記憶におすがりする次第である。当時行って来たで~という方はおられませんか?

もし、詳細が白日の下に晒された暁には、36年ぶりに記念館でリバイバル開催したら面白い。
場所も、奇しくも旧ファミリーランド敷地内だからな。




【のりみ注釈】

手塚ワールド公式サイトの年譜1970年代には
1973年 3.17 アイデアを提供した宝塚ファミリーランド<手塚治虫超人の世界>開催(~6. 3)。
とあります。だけど情報はこれだけ。どこかの本に載っているとかいう情報があれば教えてください、
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/400-a4ee9c97