2009.05.31 聴竹居
京都・大山崎にある聴竹居の見学に行ってきました。聴竹居は、1928年に建築家・藤井厚二氏が自邸として建てた実験住宅。「真に日本の気候・風土にあった日本人の身体に的した住宅」を生涯追い求めた藤井厚二氏の集大成といわれる作品です。

聴竹居

洋風と和風そしてモダンを統合したデザイン。聴竹居は本当に不思議な空間でした。

居間と食堂の間に設けられた円弧状の仕切り、椅子式の客室、床の段差を利用して設けられた空気口。

部屋の仕切りがとても緩やかで、ドア、障子、襖といったもので完全に仕切ってしまわない、どの部屋もなんとなく緩やかに繋がっているといった印象を受けました。

聴竹居

何よりも素晴らしいと感じたのは、大きなガラス窓からやわらかな光が差し込む縁側です。この空間は「縁側」といったらいいのか「テラス」といえばいいのか「サンルーム」といえばいいのか…。和と洋が見事に融合した空間でした。

聴竹居

聴竹居

▼怪獣
「聴竹居」の玄関前と「聴竹居居内関室」へ至る石段の脇に置かれた石像。「第三回住宅」の庭にも置かれていた。置かれた経緯は明らかになっていないが、伊東忠太への思想的な同調を象徴している。
(「聴竹居」パンフレットより)
聴竹居

聴竹居

【参照外部リンク】
聴竹居
竹中eレポート 聴竹居の今日的な意味 ~環境配慮建築の原点~
INAX REPORT 173号 特集 生き続ける建築7


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/403-e1c8d1c5