オフ会2日目。午前11時に阪急宝塚駅に集合。いざ、御殿山に出発!

コースはもうお決まりですが旧手塚邸皇太神社瓢箪池(下の池)→蛇神社→猫神社(千吉稲荷)。

まずは旧手塚邸。『新聊斎志異・女郎蜘蛛』登場のクスノキはとても元気よくおおい茂っていました。

▼旧手塚邸前で記念撮影
旧手塚邸


で、今回確認したかったのがこのクスノキ以外の樹木。

手塚浩さんからのお手紙によるとどうやらこれ以外にも何本か残っているらしいんですよ。私はどうも植物に詳しくないもので、手塚浩さん作成の旧手塚邸の間取り図を見ながらMLメンバーの皆さんとあれか?これか?と今回検証したわけです。

虫マップと重複しますが…

手塚時代は、その庭には多くの庭木(というよりも樹木)が移植されていましたが、例の大きなクスノキ以外の樹で、それらの中で今でも当時のまま残されているものが何本かある(外塀から見てもわかる)のが確認できました。浩としては大変に懐かしく思われたので、それらを記録しておきますと、道路側にモミノキ?(或いはその近似種)が1本、奥の方の、隣家との境界近くの辺りに、クスノキ1本、アラカシが2~3本、位置的には昔のまま残されているのでわかりました。私たちが豊中から越してきたときに既に大きく成長していた樹木ですから(門寄りのクスノキは当然さらに老樹)、これらは今では樹齢で言うと80年以上でしょう、治虫が生きていたとしても、それよりもっと多くの年齢を刻んでいることになります。
(手塚浩氏の手紙より)


道路側のモミノキ…てのはこれじゃないでしょうか?↓写真真ん中の幹がまっすぐな針葉樹。

旧手塚邸

それから、隣家との境界近のクスノキとはこの赤っぽい木でしょうか?
旧手塚邸

そして、隣家との境界にある水路を発見!カメラを突っ込んでこの水路を撮影するために道路にはいつくばっていたらさすがにびっくりされました(^^;)ジャーナリストのりみですからね~私は(笑)。
旧手塚邸

旧手塚邸から東に向かって歩き皇太神社へ。説明はこちらに書きましたので省略。散策してみると、神社の裏側にお神輿が入っていました。当然のことながら地元のお祭りの基地でもあり、ここからお神輿が出発する、というわけです。それと、ここがちょっとおもしろいのは住吉大社などの分社が点在するということ。こうしてみると川面・御殿山周辺はあっちにもこっちにも神社なりヤシロなりといったものがあったわけですね。

さて、皇太神社を後にし、かなり急な石段を登りきると宝塚の街を一望できます♪
宝塚歌劇場の赤い屋根が素敵★
宝塚眺望

手塚治虫記念館も見えますよ~。ホラ!
宝塚眺望

このあたりには、手塚兄弟がその昔「お化け屋敷(もしくは化け物屋敷)」と呼んでいた空き家があったそうですが、当時の面影などどこにもありません。

瓢箪池(正式名称:下の池)に到着。
瓢箪池


『モンモン山が泣いてるよ』で有名な蛇神社
マンガではポプラですが、実際に立っているのはイチョウの大木です。
蛇神社

この大木は宝塚市の保護樹木に指定されています。
蛇神社

この小さなヤシロが震災で倒壊したにもかかわらず、こうして再建されているのは嬉しいことですね。

蛇神社


千吉稲荷に行くには田畑の間の畦道を通ります。

途中の畦道ではなんだか甘い香りがする…と思うとイチゴが植えられていました。ちょうど収穫期で赤い実がたくさん。他にメロンやニンジンも。御殿山で田畑が残っているのって本当にここだけのような気がします。都会から急に田舎に迷い込んだような風景。ゆえに金沢さんが「むしろこっちのほうが『モンモン山』のイメージでは…」と思われるのももっともです。

そして、赤い鳥井をくぐりぬけ、石段を登ると千吉稲荷。

千吉稲荷

この神社は何故か
正勝稲荷大明神
火防稲荷大明神
白玉稲荷大明神
千吉稲荷大明神

と四つも名前があるんですよ。
と話したら、「そうそう、商売兼ねてるからね。」とyabuuchiさん。
ふ~ん、神社ってそんなもんなのか。と妙に納得。
千吉稲荷

千吉稲荷のは、明治初期に火災が頻繁に起こったために火防(ひぶせ)の神として祀られ、以後火事が無くなったとのこと。毎年8月19日には、近くの川面公園で「千吉踊り」を奉納するそうです。

詳しくはひょうごの祭りと芸能「川面の千吉踊」のページを参照。
このページによると千吉踊りとは狐の手を真似た所作で踊るのが特徴だそうで。
だから狐の神様なのか!?
と納得できたのは裏側にこんな狐塚(?)があったから!新しい発見。

千吉稲荷


さて、通常ならここで御殿山めぐりはおしまい…なんですが、今回もう一箇所新たな発見がありました!その話はまた次回。

【関連エントリー】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その1】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その2】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その3】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その5】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その6】
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/48-5d34d426