手塚治虫デビュー60周年展

予定より遅れて2時半すぎに手塚治虫記念館に到着。

手塚治虫デビュー60周年展
手塚治虫デビュー60周年展

手塚治虫デビュー60周年展

今回の企画展は久々の◎
デビューから晩年までの手塚漫画の扉絵が惜しむことなくズラリと!
決して凝った展覧会ではありませんがシンプル・イズ・ベスト!
特に扉絵は単行本収録時にカットされることが多く、その意味で普段目にしたことのない、(少なくともリアルタイムを全く経験していない手塚ファンには)あまり見ることがなかった原画のオンパレードでした♪
手塚治虫デビュー60周年展

野口文雄氏が著書で紹介されていた、ヒョウタンツギが仙人として登場する『ハトよ天まで』の未収録ページが出ていたのが私には印象的でした。そして、『火の鳥ギリシア・ローマ編』『つるの泉』『野ばらの精』『エンゼルの丘』など少女マンガの絵の華麗さ!
手塚治虫デビュー60周年展

ちょっと見えにくいですが、▲写真右上の『敷金ナシ!』の扉絵の前で
「これ、おもしろいですね。原稿に新聞記事が直接貼ってあるんですね。」と私。
「こんなん昔は問題にならへんかってんなあ。(不動産屋の)電話番号とかみな入ってるのに」とyabuuchiさん。
ホンマ、電話番号はいってる(笑)。
手塚治虫デビュー60周年展

手塚治虫デビュー60周年展

手塚治虫デビュー60周年展

ところで、私は色を付けるのは原稿に絵の具を塗るものばかりと思っていましたが、yabuuchiさんの解説によるとトレースペーパーに色指定する、という方法があったそうで。写真は『ナンバー7』の生原稿と印刷原稿の比較解説するyabuuchiさん。確かに漫画は印刷を目的としたものだから、こうやって刷られた原稿と生原稿と比べてみるとおもしろいですね。
手塚治虫デビュー60周年展

もうひとつ、今回の企画展で嬉しかったのは愛・地球博の手塚治虫ブースで展示されていた地球オブジェが展示されていたこと。手塚キャラがマイナーキャラまでこんなにたくさん♪
手塚治虫デビュー60周年展

最後のお楽しみは伝説のマアチャン人形があたるクイズ。
手塚治虫デビュー60周年展

でも超簡単でした。もっと難しくしてほしい…。
ただ、その場で抽選で「ザ・ミュージカル リボンの騎士」と映画「どろろ」の非売品ポストカードがもらえます。4月に夫と行った際一組当たりました♪
ところが、今回は品切れでそれはナシ。う~んちょっと残念。このポストカード、なかなかデザインがいいので非売品と言わずに売ってほしいのですが…。それよりもマアチャン人形のほうがもっと欲しいんですが、こんなに簡単なクイズで月1名限りでは当たりっこないですね(^^;)

ちなみにクイズの内容は
1.手塚先生のデビューした年は194○年?
2.「三つ目がとおる」の上に展示されている原稿は?
3.この夏ミュージカル化される作品は?

 
(2はいうまでもなく同時期の代表作です)
はい、答え言うまでもありませんね(^^;)
 
この超簡単なクイズを解いたあと、超難問の情報検索機のクイズにチャレンジしました。
こっちはまた逆にむちゃくちゃ難しいのです。カルトQ並にハイレベル。
前回夫と6回チャレンジして、最高得点が20問中16点でした。
私一人で解くと10点しかとれません(^^;)
出題範囲は作品全般、連載期のこともたまに聞かれます。
手塚治虫メーリングリストの総力を結集すれば満点も夢ではない!?と思ったのに皆さん全く苦戦しまくりで。(こんなにコアなファンが揃っているのにナゼ?^^;)最高得点が金沢みやおさん17点。解き甲斐はありますよ~♪皆さんも是非チャレンジ!

他にひととおりゲームを楽しみ、最後に新設のジャングルカフェで休憩。
ジャングルカフェ

コーヒーは、手塚先生デザインの「珈琲は黒い魔女」の福田珈琲を使用しているそうです。販売も。でも私は紅茶を飲んだのでお味はわかりません(笑)。
珈琲は黒い魔女

ジャングルカフェ

気づいたら閉館時間の5時。さらに花の道セルカの喫茶店で2時間歓談して解散。というわけで、本当に楽しい二日間でした。ご参加の皆さん、どうもありがとうございました。

【関連エントリー】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その1】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その2】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その3】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その4】
手塚治虫メーリングリストのオフ会【その5】
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/50-8c972197