下記のシンポジウムに行きます。
議論が白熱しそうで楽しみ。
行けないマンガファンの皆様は、Ustreamによるライブ中継がありますので、ぜひパソコンの前でご参加ください!

http://www.kyotomm.jp/event/lec/manga_hyogen.php

■追記
結局京都に行かずに家でUST中継を見る事にしました(笑)。
下記URLで動画配信中です。
http://www.ustream.tv/channel/kyotomm


京都精華大学国際マンガ研究センター 学術シンポジウム
マンガ×ミュージアム脱限界論

-マンガ表現規制問題をめぐって-
マンガを扱う施設が全国に次々誕生し、注目を集める昨今、マンガと社会との関わりはどのように変わりつつあるのでしょうか。このシンポジウムでは、マンガに対する新たな表現規制として論議を呼んでいる「東京都青少年の健全な育成に関する条例」改正案を手がかりに、マンガ研究や人文学、美術史学やジェンダー研究などの立場から論じ、マンガと社会の関わりについて、そこで大学やミュージアムが果たす役割について考えます。

日時 2010年5月23日(日) 午後1時30分~5時
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金 無料
※ミュージアムへの入場料は別途必要です
定員 200名
申込方法 事前申込不要、先着順
出演者
(五十音順) 伊藤剛氏(マンガ評論家/東京工芸大学芸術学部マンガ学科准教授)
斎藤光氏(近現代文化誌・性科学史研究/京都精華大学人文学部教授)
竹宮惠子氏(漫画家/京都精華大学マンガ学部教授)
ジャクリーヌ・ベルント氏
 (美学・マンガ研究/京都精華大学マンガ学部教授・国際マンガ研究センター副センター長)
レベッカ・ジェニスン氏(ジェンダー論/京都精華大学人文学部教授)
司会 吉村和真氏
 (思想史・マンガ研究/京都精華大学マンガ学部准教授・国際マンガ研究センター研究統括室長)

主催 京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム

京都精華大学ホームページ
[報道発表]東京都青少年健全育成条例改正案に関する意見書について

※本イベントはUstreamによるライブ中継を実施する予定です。
  当日、 twitter(ID:kyotomm) にてご案内いたします。 →http://twitter.com/kyotomm
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/554-199c71a4