手塚るみ子さんがパーソナリティを務めるABCラジオ「Earth Dreaming~ガラスの地球を救え~」
今回のゲストは横内謙介さん
特集はわらび座ミュージカル「アトム」についてです。
7月3日10日の二週連続放送です。
http://asahi.co.jp/50th/radio_dreaming.html

ABCラジオのウェビオで、前編が今日から1週間程度聴けますよ。
http://asahi.co.jp/webio/
お聴き逃しなく!


下記、印象に残った話の要約です。

●横内謙介さんがこれまで手掛けてこられてきた手塚作品の舞台「陽だまりの樹」「リボンの騎士」「NINAGAWA火の鳥」などについて。原作とは違うストーリーでありながら、今回はどういうイメージやテーマを抽出されているのかと毎回楽しみ。(手塚るみ子さん)

●わらび座ミュージカル「アトム」について。ストーリーは違うけれど、これは全部手塚先生の原作にあること。舞台とマンガはかなり距離間があり、アトムをどう出していいのかかなり悩みに悩んだ。漫画のキャラクターを実際の人間に当てはめるのは違う。見てはいけないものを見たというような舞台には絶対していない。(横内謙介さん)

●ストーリーはアトムのさらに先の時代を描いているが、手塚作品のテイストやメッセージが確実に舞台にあった。アトムの原作のお話じゃないけれど確実に楽しんでもらえると思った。(手塚るみ子さん)

●ラッキー池田さんの振り付けの動きが手塚漫画のモブシーン(群衆シーン)のイメージにぴったり合っていると思った。(手塚るみ子さん)

●舞台は最終的にはお客さんの想像力で成り立っている。歌って踊れなきゃいけないというハードルがあり、なおかつ原作のイメージを壊さないようにしなければならない。(横内謙介さん)




わらび座ミュージカル「アトム」は7月18日の兵庫公演初日を観に行きます★
7月24日(土)手塚治虫記念館でのパフォーマンスコンサート」も行こうと思っております。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/568-3da6577c