衝撃のマツコポスター公開!「ガラスの仮面」新刊連続刊行
http://natalie.mu/comic/news/37642

白泉社…恐ろしい子…!(笑)
マツコデラックスの月影先生~~~!
恐い、恐すぎる。野際陽子や夏木マリを越える迫力だ~!
いや~。まさかの45巻、46巻連続刊行ですよ!!
もうね、「ガラスの仮面」の完結を十数年待ち続けているし「別冊花とゆめ」の連載も今年の5月号から停まったままだったから期待せず待ってるんですが、このスローペースがいきなり2か月で2冊新刊連続刊行とは嬉しすぎです。
でも、当たり前ですがこれって「別冊花とゆめ」の連載を再掲載したものですよね(^^;)
(あんまりこれ以上描き直して何通りもストーリーを作られて振り回されるのも嫌ですが・笑)

で、今日付けで「ガラスの仮面公式サイト」がリニューアルしたそうです!
http://www.hakusensha.co.jp/glass/index.html

そして!なんとなんと!
速水真澄 公式ツイッター
http://twitter.com/masumi_hayami

いや~世の中変わったもんです。
マヤちゃんが携帯を駆使し、速水さんがツイッターを始めるとは(爆)。


そうそう、先日蜷川幸雄演出の「音楽劇 ガラスの仮面 ~ふたりのヘレン~」を観に行ってきましたが、夫が感想を書いているのでぜひこちらもご覧ください。

音楽劇 ガラスの仮面~二人のヘレン~を観劇して感激
http://norimi.blog45.fc2.com/blog-entry-586.html

これを観て以来、夫婦揃ってまた「ガラかめ」熱が再燃。
枕元に全巻並べて二人して毎晩読む日々(笑)。
あかん、「ガラかめ」面白すぎてビョーキになる。
途中でやめられへんくなるから困ったもんです。


ご存知の方も多いと思いますが、「ガラスの仮面」は約20年前に「花とゆめ」に連載されたものの単行本刊行の際、さらに書き下ろされたため、未収録が約2千ページほど存在します。大学生の頃、国際児童文学館で単行本と雑誌を突き合わせながら、未収録を全部コピーしに行ったのですが(約3万円つぎ込みました^^;)、このコピーを久々に引っ張り出して読んでいます。
美内先生には悪いけれど、今の連載よりも昔の連載(未収録分)のほうが正直言って面白いです。やっぱり当時のほうがモチベーションが高いからなんでしょうね。

現在の「別冊花とゆめ」の連載も、すべて書き下ろしではあるものの、約20年前のストーリーから大きくはずれてはいません。ただ、細かい設定やシチュエーションが違うので、未収録分が刊行されることは永久に無いんでしょうね。

現在の「別冊花とゆめ」の連載は2010年5月号、マヤと真澄が遊覧船で偶然二人きりになったところで話がストップしていますが、これは91年11号の「花とゆめ」掲載 連載第 312回とほぼ同じ展開です。ただし、91年版では黒沼先生が二人を呼び出して…という設定、2010年版は紫織とのデートのはずが…という設定。これじゃ、そのまま再掲載ってわけにはいかんよなぁ、 と思いながら読み比べていました。

ちなみに当時の連載は97年20号 第351回でとまっています。
単純計算で当時の連載に追いつくにはあと39回分も必要…。
これではいつ完結することやら(^^;)
お願い…それでもあと10年以内には完結して下さい(笑)。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/587-1276f9a7