横浜みなとみらい観覧車

横浜中華街

「リボンの騎士」観劇後、帆船日本丸を見て、その後は横浜・中華街へ。オフ会より1時間も早く着いてしまい、店の場所を確認してからちょっと中華街を散策しようとrikansさんと一緒にぶらぶら歩きました。そこで、「鉄腕アトム」と「ブラック・ジャック」の中国語版を発見。でも結局購入はせず。

アトム中国語版

ブラック・ジャック中国語版

6時半前にオフ会会場に指定したお店「 茘香尊本店~ライシャンソン~」へ。
中華街は何百もの店が立ち並びどこにすれば解らなかったので、最初はネットのランキングなどを見ていたのですが、夫の友人のクチコミでこのお店を教えてもらいました。
ぐるなびで見たところ美味しそうだし、円卓で3時間粘れる、しかもコース料理で飲み放題付きで4千円という安さで即決。
結果大正解でした。
最初は10人以下のオフ会予定だったのですが、直前に人数が増えて最終的には12人の手塚ファンオフ会になりました。

ほとんどが私繋がりでの参加なのですが、お互い初対面のメンバーがかなりありました。

去年のファン大会アフターなどは、アレンさんのグループが混ざって20人以上のオフ会をやったのですが、横に広がる形のテーブルだったので、それぞれの会話になってしまい、あまり交流が図れませんでした。
でも、今回は12人で円卓で、隣も1グループだけだった(隣の笑い声がちょっとうるさかったけど^^;)ので、かなり密で手塚度の濃いオフ会ができました。
年齢層も20代~70代と幅広く、これもまた手塚ファン同士ならではの醍醐味。

で、最初は自己紹介から入るハズが、検討会のメンバーが来られていたのでファン大会についての話に。

検討会が出来たのは2007年2回目の手塚ファン大会の後だったと記憶しています。
復活後の2006年、2007年の手塚ファン大会はかなり「手塚プロ色」が強い大会で、企業のプロモーションの場のイメージが強い大会でした。
結局手塚ファンが手塚プロに感じている違和感はそこであり、それではいけない。「手塚ファンの手塚ファンによる手塚ファンのための手塚ファン大会にしたい」と結成されたのが検討会です。
2007年のファン大会でアンケートが配布され「今後のファン大会の検討会に参加するか?」という欄に先ず○をつけました。後日、手塚プロからファン大会検討会メンバーになるかどうか?についての問い合わせが封書で届きました。
メンバーになる場合、月1回手塚プロ本社(高田馬場)に来社いただくことになります。交通費は原則として支給されません。といったことが書かれてきました。
アンケートの段階ではメーリングリストもできるようなことも匂わせていて、つまり意見やアイデアだけメールで送れるようなことも書いてあったように思いましたが、最終的には月1回高田馬場に行けなければ参加できない、この段階でまず私たち夫婦は参加を断念せざるを得ませんでした。月1回高田馬場になんて行っていたら破産しますよ(^^;)

Kさんが「田浦さん夫婦のような人にこそ検討会に入って欲しかったんですが」と嬉しいことを言って下さいました。
私には手塚公式に対する対抗意識があります。
「虫マップ」から始まり「親友が語る少年時代」をきっかけに始めた手塚イベント、ゆかりの地ツアーなどの活動を数々やってきましたが、どんなに頑張っても内容が良くてレベルも高くても、手塚プロにロイヤリティを払わない限り公認マークがもらえない、手塚プロには先ずビジネスという壁がある、そして手塚治虫記念館の行政の人は宝塚市のために働くという発想はあっても手塚ファンのためという発想自体がない。そのしがらみや壁を日々感じる中で、それでも手塚公認マークが欲しい、こんなに思いだけで動けるし、具体的な活動ができる手塚ファンなのに何で公式に関われないんだ、という思いがあります。
ファン大会で登壇するようなことは2009年の研究発表1回きりでいいけど、裏方としてちょっとでも関わりたいという思いはあるわけです。
このあたりの話ものん気NGさんにちょっと話しましたが、具体化するかどうかは解らないので、ここではあえて伏せておきます。

で、まあとにかくいろいろ突っ込んだ話をしまくって、一番若い、初対面のたらさんなどは、我々擦れた化石人間(←ここ手塚ギャグですよ^^;)の話に入り込めなくてひいていたかもしれないけど、とにかく面白くて仕方がなく、濃いテヅカニアンだからこそ手塚話を共有できる快感をひしひしと感じておりました。

で、2時間くらい経過してからようやく自己紹介タイム。
まず、一番若いたらさんから始まり、名前と住んでいる場所と手塚作品との出会いを皆がそれぞれ話しました。
「火の鳥」の話になったら復活編が72年。72年と73年の作品の世界観に違いがあるよね、73年になったらすごく振りきれた感じがする、というこれまた手塚ファンでないと解らない話に快感を感じ、自己紹介が一周12人が全員喋るのに1時間半かかって、結局最後のデザート・杏仁豆腐を食べ終わった頃に最後の私の番がまわってきました(笑)。

「みんな私繋がりでの参加だから私は自己紹介しなくていいでしょ~」と言ったら
「じゃあ、旦那さんとの馴れ初めを聞かせて下さい」ということになりました。

私が夫と出会うきっかけになったのは手塚治虫ファンクラブ会誌です。
94年の11月に「手塚ファンマガジンvol.107」で入会し、vol.109が初投稿。
今でも鮮明に覚えていますが、その初投稿は手塚治虫記念館で95年の1月1日から開催されていた「ブラック・ジャック」展についてでした。
「皆さまはじめまして!17歳の手塚ファンです!」なんて今見たら恥ずかしくて真っ赤になってしまうようなレポートを書いていましたが、「ブラック・ジャック」の部屋再現やピノコ鏡など感激した、といった内容のことを書いていました。
で、その隣に掲載されていたのが、夫の同じく「ブラック・ジャック」展のレポートでした。
夫は95年の1月1日に記念館に行き、私は95年の1月2日に行ったのです。

その後、知りあうきっかけになったのが最初の「虫マップ(宝塚版)」でした。宝塚の旧手塚邸や蛇神社など手塚治虫ゆかりの地を記したマップを製作しました。題して「虫マップ」!欲しい方はこちらまでご連絡ください。(住所氏名)というのが手塚ファンマガジンの告知版に載せていただいた内容でした。
この掲載後、30通くらいの手紙が来ました。
その30通の中の一人が今の夫・田浦誠治です。
今回のオフ会に参加されていたマイミクの化石人間さんもそのお一人でしたし、近年のファン大会で知り合った扇谷正敏さんなども最初の「虫マップ」に手紙を下さったお一人でした。石子順さんも入ってたかな。

で、それがきっかけで田浦誠治さん(フルネームでさん付すると恥ずかしいゾ^^;)と文通するようになり、初めて会ったのは98年2月に豊中市立野畑図書館で開催された中野晴行さんの講演会でした。手塚治虫生誕の地・豊中は私と夫の出会いの場でありその意味でも特別な地。そしてよく考えれば中野晴行さんが私たちの恋のキューピット(爆笑)なんですが、ご本人にその話をしたことはありません(^^;)
その後3月に手塚治虫記念館で「手塚ファンの集ひ♪」をやりました。今でいうオフ会で、以後1~2か月に1回ペースで私が中心に声をかけて手塚ファンの集まりをやるようになりました。で、その中に毎回入っていたメンバーが夫で今はもうその頃集まっていたメンバーはほとんど付き合っていないけれど、夫だけはずっと今の今まで毎日一緒にいる関係に発展したわけです。1年間友人として付き合い、2年恋愛をして、3年目に結婚しました。そして結婚して今年の4月で9年になります。

という我ら夫婦の馴れ初め話が終わった頃は10時半。
6時半に入店から4時間も喋り倒していたわけだ。
さすがにそこで店を出て、一旦駅まで行って帰るメンバーを見送り、さらに残ったメンバーで二次会へ。
前回のバー「ばるぼら」の時もそうだけど、のん気NGさん、店を見つける嗅覚がめっちゃ優れてますよ。
雰囲気のいい2階個室バーで一杯だけ(予算一人300円!)飲んで11時半まで粘りました。
12時過ぎにリッチモンドホテル横浜馬車道にチェックイン。
アルコールを飲んで脳がバカになっている夫がそこでまたカップラーメンを買ってすすっている(笑)。
私がお風呂に入って携帯からツイッターをしている頃にはそのままグーグー寝ていました。

そんなこんなで横浜旅行1日目が終了。
翌日は横浜観光。横浜開港記念館、横浜開港資料館、日本新聞博物館、氷川丸、ホテル・ニューグランドなど近代建築をいっぱい見学して「キンケン♪キンケン♪」(近代建築を略してキンケン)とスキップしながら堪能。ホテル・ニューグランドのカフェで晩ごはんを食べて新幹線に乗って11時過ぎに帰宅。

▼横浜開港記念館

横浜開港記念館2

横浜開港記念館1

横浜開港記念館3

横浜開港記念館4

横浜開港記念館5

横浜開港記念館6

▼日本新聞博物館

日本新聞博物館1

日本新聞博物館2

▼横浜県庁舎

横浜県庁舎

▼氷川丸

氷川丸1

氷川丸にとまる鳥1

氷川丸にとまる鳥2

氷川丸2

▼ホテルニューグランド

ホテルニューグランド

ホテルニューグランド2

いやはや、お金を使いまくってしまったけど、ホントに手塚充した旅行で最高に楽しかった!
この快感を味わえるならもう、旅行全部手塚目的でもいいや(笑)。
「手塚治虫のすべて」って本があるけど、私にとっては「手塚治虫がすべて」だもん!

横浜氷川丸
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/635-d10d01a1