6月末まで大阪大学総合学術博物館で「阪大生・手塚治虫―医師か?マンガ家か?―」が開催されています。4月30日に行われた斎藤彰先生のミュージアムレクチャーのレポートを、手塚治虫公式サイトの「虫ん坊」6月号でご紹介いただきました。展覧会の様子も含めてご覧下さい。





阪大生・手塚治虫 ―医師か?マンガ家か?―

田浦紀子

 
大阪大学総合学術博物館で開催中の企画展「阪大生・手塚治虫 ―医師か?マンガ家か?―」を見に行ってきました。手塚先生の阪大時代や阪神間モダニズムが、手塚作品にどう影響を与えたかに焦点を当てた展覧会です。

『アドルフに告ぐ』『陽だまりの樹』『どついたれ』『スリル博士』など阪神間が舞台となった手塚作品の生原稿が多数展示されていています。

豊中市教育センターが所有する手塚先生が採集した昆虫標本もありました。これは、北野中学時代の同級生・今中宏さんが生前豊中市に寄贈されたもので、「O.TEZUKA」と書かれた手塚先生の直筆ラベルが貼られています。

手塚先生が少年時代に電気科学館で夢中になったツァイスⅡ型プラネタリウムに関する展示もあり、1937年の映画「大大阪観光」も上映されていました。

 
企画展にあわせて、4月30日に開催されたミュージアムレクチャー「二人以上の手塚治虫 〜現役科学者から見た手塚の不思議」を聞いて参りました。講師は大阪大学工学部准教授の斎藤彰先生。今回の企画展は、当初「二人の手塚治虫」というタイトルだったそうですが、「手塚治虫の多面性はそれだけではない」と斎藤先生。本講演では、顕微鏡観察・古典文学・光学・昆蟲学・解剖学・脳科学など広い分野の話題が取り上げられました。

●顕微鏡観察

1961年、手塚先生が奈良県立医科大学で医学博士号を取得した論文「異型精子細胞における膜構造の電子顕微鏡的研究」は、ある意味レアな「手塚作品」。この研究は、タニシの異型精子の先端を拡大し、各パーツがどう働いているかを顕微鏡で観察したものです。手塚先生が描かれた図は圧巻!驚異の観察力でありSF的。ちなみに、奈良県立医科大学で当時の指導教授だった安澄権八郎氏は『がちゃぼい一代記』に登場する教授のモデルだそうです。企画展では、阪大医専のアルバムより、安澄権八郎氏の写真も展示されていました。

「マンガ評論家の定説として、悪書追放運動激しいさなかで手塚は漫画の地位向上のために医学博士号を取得したのではないかと言われるが私はそうは思わない。手塚治虫は電子顕微鏡のなかの世界を見つめること自体に興味を持ったのではないか。」と斎藤先生。

●光学で見る手塚治虫の驚異

戦前の物理学者・寺田寅彦は「透明人間は、必然的に視覚を失う」という皮肉な説を発表しています。ガラスは透明だが目に見える。それは光の屈折により目に映るからであり、本当に目に見えない透明人間を作ろうとしたら、空気と光学的密度を同じにしなければ完全な透明にはならない。ところが、そうすると透明人間は目が見えなくなってしまう、というのが寺田原理。でも、創作の世界に物理の論理を持ち込んではロマンもへったくりもないではありませんか。

しかし、その寺田原理を留意していたことを伺える手塚作品が『アラバスター』だ、と斎藤先生は言います。『アラバスター』において、悲しき透明人間・亜美は、しばしば眼だけで表現されています。亜美の「眼だけはどうして透き通っていないのよー」という台詞は、手塚先生が寺田原理を意識したからこそ書けたのではないか、と斎藤先生。

こういった手塚先生の「視覚と光学」に対する鋭さが表れた手塚作品が『白い幻影』と『ブラック・ジャック』の「春一番」です。『白い幻影』は、海難事故で恋人を失った女性が、白いものを見る度に恋人の幻覚につきまとわれる、というストーリー。「春一番」は、
B・Jが手術した少女が、術後「見知らぬ男性が目の前に見える」と訴える。その幻覚は実は角膜提供者を殺した殺人犯だった、というストーリー。どちらも目がカメラのような役割をする原理を応用したことが窺えます。

◇参考文献
『手塚治虫MLショートアラベスククvol.1』P.69「寺田寅彦と『アラバスター』」斎藤彰 氏


●昆蟲学で見る手塚治虫の驚異

手塚先生といえば無類の昆虫好きとして知られますが、蟲の描写はとにかく余人を寄せつけない程、とんでもないものが多い!『びいこちゃん』(斎藤先生曰く恐怖の児童絵本・笑)は、子供向きの美しいカラー絵本で、描かれている昆虫はかわいいキャラクターに擬人化されています。にも関わらず、「蟲屋」の斎藤先生から見ると、登場する昆虫の種類が全て同定できてしまう!しかも、虫の止まり方まで、絵本でありながら正確に描かれているそうです。

さて、手塚作品で蟲といえば『ミクロイドS』。「蟲屋」の感性としては人類の滅亡こそが究極の自然保護であり、手塚先生のそんな「蟲屋」としての気持ちの表れから、昆虫による人類への復讐を描いた作品となったのでは、と斎藤先生は言います。昆虫の大群による攻撃からどんどん人類が死滅していく中、主人公・マナブは、虫たちの攻撃を受けなかった3人のルンペン(ヒゲオヤジ、ノンキメガネら)に出会い、これが人類を救う鍵となるのですが、ここはある意味手塚先生が「自然へのバランス感覚」を描きたかった部分ではないかと。人類が救われて良かったという完全なハッピーエンドにもならないし、アンハッピーエンドにもならない。突き放しつつも人類への愛情が描かれた作品こそが『ミクロイドS』だったのではないでしょうか。

あとがきを読むと、『ミクロイドS』は人気が出ず、『アラバスター』同様、手塚先生の自己評価はとても悪い作品なのですが、「手塚先生、そんなことはないです。これ凄いです。」と斎藤先生(笑)。

手塚作品に登場する昆虫についての詳細は、小林準治さんの著書『手塚治虫昆虫図鑑』や『手塚治虫の昆虫博覧会』などを参照に。

●この世相にどう生きるか

2時間におよぶ斎藤先生の講演の終盤は、やはり手塚作品の永遠のテーマである「生と死」でした。「生老病死」は『火の鳥』や『ブッダ』でも描かれるテーマですが、斎藤先生が特に力を入れて紹介された作品は『料理する女』のこの台詞でした。
「ああ!いやだいやだ。百歳以上の年寄りがウジャウジャ世間にいるなんて!老いぼれて何の役にも立たない年寄りなんてまっぴらだわ」
「あなたもいずれそうなるんだ!!」
生まれる苦しみを超えても、いずれ人は必ず死ぬ。このコマにこそ「生老病死」が凝縮されており、『ブッダ』よりも『ブッダ』な作品が『料理する女』だ、と斎藤先生。それでも「生老病死」を背負いつつ希望をもって生きていくことこそ、手塚漫画から学んだものだった、と締めくくられました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/658-0bb95e9d