TV情報です。手塚先生の話もあるそうです。

http://www.nhk.or.jp/bakumon/nexttime/

爆問学問 やなせたかし「君もアンパンマンになれる!」

NHK総合 9/1(木)午後10:55〜
(再放送)9/6(火)午前1:40〜


いま日本で最も売れているキャラクターといわれる「アンパンマン」。
作者のやなせたかしは現役バリバリの92歳だ。ぬいぐるみで埋め尽くされたアンパンマン部屋を訪ねてきた爆笑問題を相手に、いきなりアンパンマンの主題歌を大シャウト、二人の度肝を抜く。東日本大震災後、ラジオ局へのリクエストが殺到して話題になった「アンパンマンのマーチ」。
「なんのために生まれて なんのために死ぬのか わからないなんて そんなのはいやだ!」「そうだ、うれしいんだ生きる喜び たとえ胸の傷がいたんでも」
――歌詞は、意外に深いメッセージを含んでいるのだ。
アンパンで出来た自分の顔を困った人に食べさせるという、ある意味衝撃的な設定。
そこにはやなせの人生哲学が込められている。中国での従軍経験や、戦後の価値観の大転換を目の当たりにしたやなせは、「どちら側から見ても揺るぎない正義とは、自分を犠牲にして飢えている人に食べ物をあげることだ」と考えた。
ライバルのばいきんまんのキャラクターも、「ばい菌がゼロでも人間は生きていけない。人間とばい菌との戦いは永遠に続く」という、やなせの悪の哲学が背景にある。
漫画家として食えない時代に手がけた老舗デパート包装紙のロゴや、電球に手をかざしながら作詞した「手のひらを太陽に」の歌詞。
9歳下の天才・手塚治虫と机を並べて仕事をした日々。
衝撃の秘話満載の面白トークに加え、被災地に捧げる新曲まで。驚異の92歳が爆笑問題を圧倒する。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/661-5abda823