11月3日、手塚先生の誕生日に手塚治虫記念館に行ってきました。
以下、夫の日記より転載。

手塚先生の誕生日

11月3日は手塚先生の誕生日だったので、嫁さんと手塚治虫記念館へ。例年、誕生日には展示コーナー入口の手塚先生の写真のところに盛り花が飾られている。この日は大阪音楽大学の学生による「手塚ワールドで音楽三昧♪」と銘打ったミニライヴが開催されていた。

到着したのが少し遅かったんで、二部構成のライヴの、第二部を聴いた。「そらとれお」というヴォーカル&ピアノのユニットで、大学2回生とかいう可愛らしいお嬢さんと僕ちゃんが、それぞれサファイヤ・レオに扮して手塚メドレーを披露してくれた。アトム、トリトン、リボンの騎士といった定番は無論の事だが、新ジャングル大帝のEDとか、ジェッタ―マルスOPとか、メルモのOPではなくEDの方など、なかなか捻った選曲だった。大学で声楽を専攻しているというだけに、アマチュアだけど歌が巧い。ただ、「GO!GO!トリトン」を歌ってくれたのは良かったんだが、続けて「ピピの歌」を歌われたのにはマイッタぜ。あの歌詞とメロデーは、オッサンが聴くにはこっ恥ずかしくて思わず腋の下に汗が滲み出ちまうんだ。

ラストはやっぱり「鉄腕アトム」。文化の日にあって、実に文化的な一日であった。

手塚ワールドで音楽三昧

手塚ワールドで音楽三昧2
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/681-6d0e6a05