2012年5月12日(土)、千里文化センターコラボ大学で講演させていただきました。
以下、千里文化センター市民実行委員会 ブログより、原田仁八さんの記事を転載します。

コラボ大学2

コラボ大学12

第24回 千里コラボ大学校を開催致しました。
第24回 千里コラボ大学校を5月12日(土)に開催致しました。

「阪神間における手塚治虫の足跡」と題して、田浦紀子さんにご講演頂きました。

オープニングは加福共之さんの解説と、川上時子さんのピアノによるヘンデル作曲「調子のよい鍛冶屋」。五月晴れを思わせ、心が沸き立つような調べを楽しみました。

講演は、手塚治虫の著書と、そのモデルとなったと思われる場所・建物・人物等を結び付けて紹介されました。
自分で現場に足を運び、著書に描かれた状況に近いものを映像化しての講演は、多くの手塚フアンを満足させる
ものでありました。

受講者に配布された「歩いて感じる手塚治虫の世界」は、講演者のライフワークが集約されものであり、その努力に敬意を表したいと思います。

講演と時を同じくして、豊中市制70周年記念事業の一環として、千里図書館にて手塚治虫著作図書の展示が行われており、良いタイミングで開催出来たことを嬉しく思いました。

千里図書館石田さんによる関連図書の紹介も、講演内容に沿ったものであり、好評でした。
 (原田)

(千里文化センター市民実行委員会 ブログより転載)

コラボ大学9

コラボ大学10

コラボ大学8



コラボ大学4

コラボ大学5

コラボ大学3

コラボ大学6

コラボ大学7

コラボ大学11
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/693-c045c677