わらび座 ブッダ 1

わらび座 ブッダ 2

漸くお休みできたので、嫁さんと京橋まで、劇団わらび座のミュージカル「ブッダ」を観劇した。
ブッダとくれば、ガキの頃からブッダ好きの浦メとしては行かずばなるめえ。
場内はほぼ満席。凄いなぁ。

舞台では、インド女性に扮した女優さんたちがインド音楽をBGMに、一生懸命拭き掃除をしてはった。
やがて開演のブザーが鳴るも、インド女性たちの拭き掃除は一向に終わらない。
随分長い事拭くのぉ。まさかこのまま掃除して終わりじゃあるめえな?

実際にはそんな事なく(アタリマエだわな)、主人公シッダールタ(ブッダ)やパンクロック歌手風のタッタ、ミゲーラ、嫁はんのヤショダラといった主要登場人物が次々登場。ミュージカルならではの、よく通る声量で台詞を歌い踊る。

なんだかアッという間に時間が過ぎ去り、シッダールタの四門出遊を経て出家、苦行林から街での遊行とサクサク物語は進行していって瞬く間に休憩。
早いなぁ。
早い、という事は、それだけ物語に惹きこまれている、つまり面白いってぇ事だ。

後半では、巨人ヤタラも登場。
最初は兵士たちが舞台の袖の方を見て「なんて化け物だ」なんて狼狽していて、これはヤタラ本人は登場させず、周りの人物のリアクションのみで想像させる演出かと思いきや、実際に登場しよった。

巨人の着ぐるみを着込んだ俳優に場内はどよめく。
浦メも思わずジャンボマックスかよ、と思ったぜ。いや、あの獣みたいな姿はウルトラセブンの宇宙竜ナースを操るワイルド星人だ。
勿論演技だが、その朴訥とした喋り方と相俟って、強烈な個性のキャラになっとるがな。

全体としては、原作をバッサバッサと刈り込みつつも、手塚モノをアニメ映画にした時と違って、割合よくまとまっていたと思う。
ただ、アヒンサーのエピソードや、ヤタラとルリ王子のオカンとのエピソードなどを色々と盛り込みすぎたキライがあったようにも感じた。

そして大ラスの悟りシーン。
原作では、失意に打ちひしがれたヤタラとの会話を通じて、シッダールタが悟りを開きブッダになるという、非常に重要かつ感動的なシーンなのだが、舞台では、静かに禅を組み続けるシッダールタの周りで様々なキャラたちが苦しみを吐露しながらのた打ちまくり、そののたうちが収まったのを受けて、シッダールタが「すべてを受け入れる」と両手を高く掲げて宣言。
ここに晴れてシッダールタはブッダとなり、感動のフィナーレと相成った。

成る程な。そうくるか。
これはこれで感動的ではあったが、浦メとしては、そこは原作の通りにヤタラとの対話に多くを割いてもらいたかったぜ。パンクロック風タッタがかすんじまうぐらい、ヤタラのキャラが立ってただけによ。

で、終演後はスタンディングオベーションの嵐。これも演劇鑑賞の醍醐味よな。
やっぱいいよね、ライブはよ♪


わらび座 ブッダ 3

興奮冷めやらぬままに席を後にし、入口付近の花を眺める。
殆どが「今井清隆さん江」となっていた。今井清隆といえば、舞台でパセーナデー王とヤタラの二役をやってた俳優さんだ。確かに、堂々たる体躯に鵜風堂々の声量。存在感ある俳優だったな。

(夫の日記より転載)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/697-dfea2826