手塚治虫メーリングリストよりすごい情報が飛び込んできました!

説明するより実物見ていただくほうが早いです。
すごい車内会議」のホームページにレッツアクセス♪

わーすご~い!緑色の手塚先生の顔が走ってる~~~!!!

めっちゃ実物見たい!めっちゃ乗りたい!
でもあいにく一ヶ月以内に名古屋に行く用事は無いなあ(^^;)

nikoさんbpnのNさん、情報ありがとうございました♪

名古屋の手塚ファンの皆様!是非乗ってきてください♪写真撮ってきてください。(あ、できれば写真いただけるとなお嬉しいです・・;)めっちゃ実物の写真が欲しいデス。ちなみに「すごい車内会議」のホームページには「すごい時刻表」があるので、これを見ていけば走行時刻をバッチリねらえますね!

ラッピング電車といえば手塚治虫記念館開館10周年の時も、阪急宝塚線に手塚キャラのラッピング電車が走りましたが、私は一度しかお目にかかれませんでした。(しかも走行しかけていたから、写真上手く撮れなかったし^^;)

今回のラッピング電車「すごい車内会議」詳細はこちら▼サカエ経済新聞より

地下鉄で「すごい車内会議」-乗客に環境メッセージ発信

「すごい車内会議」車内
 中日新聞社は9月1日より、環境記念事業の一環として名古屋市営地下鉄東山線を使った企画「すごい車内会議」を行う。

 企画は、漫画家の手塚治虫さん、宇宙飛行士の野口聡一さん、ジャズトランペッターの日野皓正さんやモリゾー&キッコロなど各界の著名人9名が、「地下鉄の中で環境についての会議を開いている」という設定で、東山線1編成を使用し環境についての様々なメッセージを発信するもの。

 「愛・地球博」閉幕から1年後となる9月に、万博への拠点駅となっていた「藤が丘」が終点となる東山線の車両を使い同企画を展開することで、再び環境について考える機会を作ることができればという思いから実現したという。

 車内では、決して一堂に会することがなかった「すごい面々」が、乗り合わせた客に、車両や中吊り広告を通してメッセージを投げかけている。また、車内や地下鉄栄駅西改札券売機付近には音の出るパネルを設置し、乗客が普段使用しているイヤホンをジャックに差し込むことで、葉の表面に流れるわずかな電流を音階に置き換えた「植物の歌声」や、桜の樹に聴診器を当てた時に聞こえる音「樹の声」を聞くことができる。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/74-7fd75a66