さて、ここからは私の個人的な超ミーハーな余談です。(ここに最初にアクセスされた方は【その1】【その2】を先にお読み下さい。

今回のイベントには当然のことながら、たくさんの著名人の方、そしてマンガ関係者の方が来られていました。そもそも初っ端から松谷社長とお話できただけでハイになっていた私だったのですが(笑)。客席を見渡してびっくり!わー!悦子夫人も来られている!現代マンガ図書館の内記稔夫さんや川崎市民ミュージアム秋田さんなど、マンガ学会関連で著名な方もかなり来ておられるよう。手塚眞さんのブログを拝見したところ、吾妻ひでおさんや『陰陽師』の岡野玲子さんも来られていたらしいのですが、全然わかりませんでした。休憩時間中「関係者席」を一生懸命目で追っていたのですが(^^;)しかし考えてみれば真ん中の関係者席だけでなく、舞台そばまで行って一番前から見渡したほうがよかったナ。

第2部終了後の休憩時間中、F・M・ロッカーさん(竹内オサムさんの「ビランジ」常連の方)にお会いしました。F・M・ロッカーさんとは普段はやりとりがないんですが、マンガ学会のイベントの度にお会いしていているのですっかり顔なじみ。
「え~。兵庫からはるばる来られたんですか?」て話しかけると
「あなただってそうじゃない。」
「そうなんです♪今日のために新幹線乗って来ました!」
「俺は夜行バスだから眠いよー」なんて雑談を。
傍に現代マンガ図書館の内記稔夫さんもおられ、しばし雑談していたら、私が立っている真後ろ座っておられた方の足を蹴ってしまいました。「あっ、すみません」と振り返ったらいしかわじゅんさんで!!もうビックリしちゃって舞い上がっちゃって。咄嗟に「マンガ夜話、いつも拝見しております」なんて言葉しか出てきませんでした。ドギマギしていたら、いしかわさんのまわりを女の子が取り囲んでサインを求めているので、私も全速力で階上の自分の席まで戻って色紙とマジックを取り、また全速力で下まで駆け下りました(^^;)いしかわさんとご一緒にお写真撮らせていただき、色紙にサインいただきました。(すごいミーハー) まわりの人が我も我もとなっちゃうんで、いしかわさんは苦笑してらっしゃいましたが、それでも色紙サインの際「お名前はどうしますか?」とおっしゃってくださり(感謝!)名前入りでサインを頂戴しました♪

講演終了後、手塚眞さんにご挨拶したくて追いかけようと思ったものの、トロトロしている間に見失ってしまいました。(全速力ダッシュすれば追いついたのに私って今一歩の勇気が足りない)

しかし、6時すぎ、今一度展示を見ていると、夏目房之介さんが来られました。今回夏目さんのアトム図解のイラストが展示されていて、その前で「アトムって真空管なんだよね」って解説を。
マンガ未来世紀

マンガ未来世紀

おもしろかったのは「アトムのエネルギーってお尻からガソリンスタンドみたいなやつで入れるんだけど、あれがなんかイケナイ事みたいだった。」なんて話(笑)。そういえばそうでした。アトムってなんかそーゆー色っぽいところありますね。(もともと両性具有キャラだかし手塚絵は色っぽい感じやけど)でも80年カラーアトムではお尻から入れるんじゃなくて胸の蓋を開けて電池みたいなのを入れ替えていたような。(何年も見ていないからかなりうろ覚え)アトムも進化しますからね~。10万馬力から100万馬力になったり。途中から「原子力」じゃなくなったり。
マンガ未来世紀

帰った日の晩にいただいたメールで知ったのですが、前回手塚治虫メーリングリストのオフ会でお会いした、服部弘キさん・おみなへしさんご夫妻も来られていたようです。(弘キさんが「のりみさんを見た」と言っていたそうなんですが、全然わからなかったです~)お会いできなくて残念。700人も来られてましたからね~。きっと直接の知り合い、間接的な知り合い、一方的によく知っている人、なんとなく知っている人、他にもおられたんでしょうが、お話しきれなかった方がたくさんいたと思います。今回は手塚治虫ファンクラブ会員&手塚治虫メーリングリストメンバーが来られることを予想してひと目で手塚ファン!とわかる格好をして行ったのですが(レオTシャツにアトムバッグ)あんまり役に立たなかったかなあ(^^;)あ、でも松谷社長のお目に留めていただけたからそれだけでシアワセ♪

時間がすっかりおしていたので、如月堂さんたちど歓談しようにも時間がなく、6時半すぎに有楽町駅で解散。おみなへしさんがHPに書かれていましたが、「ものごっつい濃いマンガのエキスを体中に浴びたような感じ」で私たち夫婦も夜11時に帰宅。ご参加のみなさま、お疲れ様でしたm(_ _)m

今回の様子は10月12日(木)の朝日新聞に掲載されました。(追記)

DVD化してほしいな~。出たら絶対買うんやけどな~。

夏目房之介さんのブログの手塚賞10周年に今回の感想がまとめられています。



余談。今回新調したアトムバッグ、如月堂さんたちには自己申告するまで気づいていただけませんでしたが(笑)こんなのを持ち歩いていました~♪
一澤信三郎のアトムバッグ

一澤信三郎のアトムバッグ

一澤信三郎っていいう和物ブランドのお店で、実はかなり人気らしい。そのASTROBOY BY OHYA 大矢寛朗さんのデザインのアトムバッグです。さりげな~くアトムが入っているところがカワイイ☆


さらに余談。
有楽町マリオンのエレベーターがやたら綺麗でした☆
映っている左から2番目が私。(わからんっちゅ~ねん!)
有楽町マリオンのエレベーター

有楽町マリオンのエレベーター出てすぐが有楽町阪急。
こんなところでも「阪急」を見かけるとシャッターをきってしまう阪急マニアな私(笑)。
有楽町阪急

有楽町マリオンのそばで岡本太郎作品を見ましたが、時間がなくて、鑑賞できませんでした。
有楽町にて



マンガ未来世紀【その1】
マンガ未来世紀【その2】
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/79-5a7c444a